忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   
カテゴリー「もりもりジャーナル」の記事一覧

スポーツも選挙もフェアプレーで

 参院選公示まで17日です。これから公開討論会や政見放送、マスコミインタビューが立て続けで緊張感も高まります

 ただいま私は政見放送の原稿を作成中。

 カンペを見ながらテレビカメラに向かう候補もあるそうですが、日本共産党はこれまでもカメラの正面を向いて、画面を通して政策を訴えてきました。

 5分30秒の真剣勝負です

 準備の合間に、忙しくて読めなかったプロ野球の統一球問題について新聞報道を読みました。

 今日の「しんぶん赤旗」主張でも、この問題で書かれていました。

 見出しは「選手やファン軽んじた隠し球」
 

 ヤクルトの宮本慎也選手は「選手がバカにされている」。

 選手会長の嶋基宏選手(楽天)は「知らなかったでは選手もファンも納得できない」。

 もちろん私も納得できません

 抗議を受けた加藤良三コミッショナーは、駐米大使など務めた元外務官僚なんですね。

 主張を読んで気がつきました

 天下りなどの「お飾り職」と言われ、役割を果たしていないと、これまでも指摘されていたんですね。

 私が赤旗記者の時に、ロコソラーレの本橋麻里選手にインタビューをしたことがあります。

 カーリングにかける熱い思いが、クリクリっとした大きな目からも伝わってくるような取材でした。

 常呂に戻ってきて、良かったことは「誰に対しても応援してくれ、ときには叱ってくれる」ところと話した本橋選手。

 カーリングは、点差が離れてギブアップした時も、お互いに健闘を讃えあいます。

 本橋選手の言葉や表情からも、フェアプレーの大切さが伝わってきました

 本橋選手は「メンバーの個性を出せるようにしたい。それぞれが意思を持つことで、理想的なチームになっていくと思います」と語ってくれました。

 スポーツも選挙もフェアプレーで。

 ごまかしのある政治は、日本共産党の躍進でストップさせましょう

拍手[8回]

PR

自民党の公約違反、許せますか

 「TPP参加撤回を求める6.15道民集会」に参加しました。全道から5000人も集まりました

 朝からの雨も上がって、暑いくらい

 配られた「STOP! TPP」ウチワが大活躍です。
 

 北大名誉教授・飯澤理一郎さん、東大大学院教授・鈴木宣弘さんから、主催者あいさつと基調報告がありました。
 

 鈴木先生は、圧力を受けながらも「研究者として頑張りぬく」と話されて、会場からも万来の拍手

 連帯あいさつに、十勝町村会長の高橋正夫・本別町長さんが来られました。

 「TPPとは、十勝(T)ピンチ(P)ピンチ(P)のことです」には、会場がドッと沸きました。

 農業が基幹産業の町・本別町はじめ十勝管内は、全国に先駆けて反対集会を開いて4000人も集まりました。

 地元紙は大きく取り上げたのに、札幌では小さい記事になって、東京ではまったく報道されなくて‥‥と。

 「それでも十勝は、TPP参加を許しません」の、力強いごあいさつには、私も力をもらいました。

 私は、紙智子参議院議員とともに政党代表として紹介されました。
 

 紙さんからは、国会の様子が生々しく報告されました。

 「アメリカとの交渉で、何か守れたものがあったのか」と聞いた紙さん。

 「絶対大丈夫とは言えない」と安倍首相。

 北海道に張ってあった「TPP断固反対」の自民党のポスターは、何だったんでしょうか

 それでも運動と論戦で、非公開の会議を公開にさせたとの報告には拍手が起こりました。

 政府を追い詰めているのは、反対の世論と日本共産党の論戦です。

 鈴木先生から「北海道が反対運動のリードをしてほしい」との話もあって、とても責任も感じました。

 集会アピールの後、参加者みなさんの「ストップ ストップ TPP」とウチワを振ったコールを壇上から見たら、思わず圧倒されました
 

 これだけの世論を前にしたら、やっぱり政府もたじろくでしょう。

 札幌中心街をトラクターが先導してデモ行進をして、私も紙智子参議院議員・木村けんじ比例予定候補とコールしながら歩きました。
 

 公約違反の民主党・自民党に対して、道内どこでもTPP阻止に力を合わせてきたのは間違いなく日本共産党です

 私もTPP阻止まで、がんばりぬきます

拍手[6回]

すべてのみなさんの思いを胸に

「勝たせてやれなくて、すまなかった…」。
目にいっぱい涙をためた男性は、私の手を何度も握り返してくれました。総選挙投票日の翌日、清田区で結果報告の街頭宣伝をしたときのことです。選挙期間中、ひとけのない日没後の街頭演説に、いつもご夫婦で応援に来ていただいていました。「この人の思いを、自分はどこまで受け止められていただろうか」と恥ずかしくなり、もっと懐の深い人間に成長したいと思いました。
総選挙で日本共産党は、直近の参院選の得票・得票率をわずかに上回りましたが、残念ながら1議席減となり、北海道の悲願の議席獲得にはなりませんでした。しかし、比例ブロック(8議席)の順位は、前回の11位から9位まで上昇し、はたやま和也さんの当選に、あと一歩まで追い上げました。小選挙区で「森つねと」と書いていただいた方は、19705人(得票率8・2%)でした。
沿道から、ご自宅や商店、車の中から、本当にたくさんの力強い声援をいただきました。多くの同僚がいる工事現場で、一人ガッツポーズをしてくれた若い作業員。その勇気と、託された暮らしへの願いを、私は胸に刻み続けます。
日本共産党は、強い党です。各後援会の選挙後の「集い」では、「議席を獲得できなかった悔しさをバネに、巨大メディアの影響力を上回るような対話を日常的に広げていく」と、共通して決意が語られました。
何の見返りも求めず、草の根で国民と結びつき、悩みに寄り添い、政治を変える展望を語り合う―。この党を、一回り、二回り、大きくしたいと、強く思いました。有権者の自民「大勝」への不安、新しい政治への模索と探求が続くいまだからこそ…。
私を支えてくれた、すべての人々の思いを胸に、一人の党員として、来夏の参院選勝利に全力を尽くします。

拍手[12回]

「国民が主人公」の希望ある日本へ―あなたの力をお貸しください

ついに、そのときがやってきました。「総選挙」(12月4日公示、16日投票)です。
「民主党には裏切られた。でも、自民党にも戻りたくない。どうすれば日本は良くなるのか」。
8月6日に出馬を表明して以来、訪問する先々でこの声を聞いてきました。私は「その願いを受け止められるのは、日本共産党です」と訴え、たくさんの激励をいただきました。
日本共産党がのびるということは、他党が議席を増やすのとは全く違う意味を持ちます。
それは、1952年に日米安保条約が結ばれてから60年間続いてきた「自民党型政治」―「アメリカいいなり」「財界中心」の政治を終わらせ、真に主権を回復、「国民が主人公」となる国づくりへの大きな一歩となるからです。
だから財界は、何としても日本共産党の躍進を封じ込め、自分たちの利益を代表する勢力を温存しようと、自ら「2大政党」づくりに乗り出し、偽りの「対立軸」を演出してきたのです。
そして、民主党への政権交代。財界は冷や汗をかいたことでしょう。しかし、財界にとって「よりまし」の民主党政権もわずか3年で耐用年数が切れました。「自民党型政治」に変わりなかったからです。
多くの国民は新しい政治への模索と探求を強め、原発再稼働やTPP(環太平洋連携協定)を阻止しようと、行動に立ち上がっています。
いよいよ、日本共産党の出番です。「自民党型政治」を反動的に打開し、憲法も平和も民主主義も破壊する「第三極」にスポットを浴びせ、日本共産党から国民の目をそらさせるマスコミ報道があふれています。しかし、政権交代を一度体験した国民の多くは、「第三極」に対しても疑いの眼差しで見つめています。
「真の対決軸は『自民党型政治』対『日本共産党』です」―。有権者の願いに耳を傾け、思いを共有しながら、日本共産党の改革のビジョンを語る。この輪をどれだけ広げられるかに、勝敗がかかっています。
公職選挙法の関係で、公示前の「もりもりジャーナル」は、これで終わります。次にお会いするときには、すでに総選挙の結果が出ています。
笑顔で、ともに喜びを噛みしめていることを想像してみませんか。「議席倍増」「北海道で悲願の1議席」。私たちが笑顔になる結果は、国民の笑顔と直結しているのですから―。
私、「森つねと」も、はたやま和也さんと一緒に国会で、あなたの「声」を届けている姿を思い浮かべながら、最後の最後まで、たたかい抜きます!

拍手[5回]

若者が大切にされる社会を

後援会員のお宅を日中訪ねると、ときどき若者が応対してくれるときがあります。同世代、もしくは私より少し若い人と話ができることは嬉しい反面、「今日は休みなのかな」「それとも、仕事がないのだろうか・・」と気になってしまいます。表情が暗いとなおのことです。
若者の完全失業率は八%を超え、全世代の倍。二人に一人は非正規雇用という実態は、若者の未来に暗い影を落としています。
第三回北海道青年フェスタ(同実行委員会主催)が一〇月二八日、札幌で開かれました。北は稚内市から南は北斗市まで全道から約五〇人の若者が参加、「人間らしく働きたい」「高い学費を下げてほしい」「原発のない日本を」と切実な願いを交流しました。
二〇代の女性は以前、市内大手ホテルの正社員でした。「十二時間働いても休憩は五分でした。深夜一二時まで働き、三時間寝てまた会社に戻ったときも。タイムカードはありませんでした」。会社にタイムカード導入を求めた社員は九州に転属され、泣き寝入りの状況だったといいます。「奨学金の返済が大変です」と話すのは、病院事務の二〇代の女性。私大に通っていたこの女性は奨学金を毎月約三万円ずつ返済しています。「給付制の奨学金があれば。せめて無利子の奨学金を増やしてほしい」。
参加者は真剣に耳を傾け、「みんな同じように苦しんでいる」と共感し合いました。集会終了後はパレードです。「休みをください」「原発いらない」などとコール。私は「若者に安定した仕事を」と掲げて歩きました。若い女性が飛び入りで参加。この輪を広げていきたい。

拍手[7回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp