忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

国民のたたかいは後戻りしない――道庁前反原発抗議行動

金曜の夜と言えば・・道庁前反原発抗議行動です。私にとって「原点」の場。選挙後初めて参加しました。

選挙についてあれこれ語る場ではありませんが、6年間の国政をゆだねられた議員のみなさんには「自分の良心に従って行動してほしい」と訴えました。



さまざまなしがらみがあると思いますが、原発事故が起きれば、すべてが吹き飛んでしまいます。人生を狂わせる原発事故。その原発が、泊を含めて再稼働されようとしているときに、はっきり「ノー」と言えないのであれば、政治家としての役割を果たすことはできません。判断に迷ったときは、自分に投票してくれた有権者の笑顔を思い出してほしいと思います。事故が起こってからでは遅いのです。

国民の意識は先を進んでいます。

先日、北海道新聞が行った全道の世論調査では、「再稼働すべきではない」が約4割(39%)にのぼりました。原子力規制委員会の審査をクリアしたとしても「再稼働すべきでない」と答えているのです。「再稼働してもよい」は約3割(31%)にとどまりました。



司法も再び英断を下しました。

大津地裁は3月、高浜原発3、4号機の再稼働禁止を命じた仮処分決定をしていましたが、関西電力が異議申し立をしていました。これに対し、大津地裁は申し立てを却下し、再稼働を再び認めませんでした。決定にはこう書かれています。

「債務者(注:関西電力)は、本件各原発に具体的現実的危険性はなく、債権者らの指摘等は危惧感にすぎないものである旨主張する。しかしながら、既に述べたとおり、福島第一原子力発電所事故の前にも現実に存在した危険について、これを運転していた東京電力は覚地して対応することができなかった。加えて、福島第一原子力発電所事故の原因に関する疎明資料は不足しており、現状において原因究明が完遂したと一応にしても認めることはできず、そうすると、新規制基準にしたがって設置変更許可を受けたことそれ自体によって安全性が確保されたとみることはできない」

――福島原発事故を防ぐことができなかった教訓を踏まえるべきであり、事故の原因究明もされておらず、新規制基準をクリアしたからといって安全とは言えない、という明確な判断でした。

道庁前行動も丸4年が経ちましたが、権力を持つ者との綱引きは、まだしばらく続きます。しかし、福島原発事故の前に戻ることは、決してありません。原発ゼロが実現する日まで、これからもみなさんとともにたたかいます。再稼働反対!

拍手[5回]

PR

自分らしく生きるために――総がかり行動に参加して

安保法制=戦争法が強行されて10ヵ月目だった19日、「戦争をさせない北海道委員会」の総がかり行動に参加し札幌市内の中心街をデモ行進しました。そこには、揺るぎのない思いを抱いた市民の姿がありました。



多くの人々が絶望した強行採決。しかし、その後も国民のたたかいは止むことなく、戦争法廃止を求める2000万人署名は、短期間で10人に1人の国民が署名しました。

誰かが声を上げてくれるのを待つのではなく、主権者の一人として声を上げるー。民主主義を体現する活動が広がっています。

人権を守るために、憲法で権力を制限するのが「立憲主義」。憲法13条では「すべて国民は、個人として尊重される」と規定しています。戦争法を廃止し、立憲主義を取り戻すたたかいは、個人の尊厳を取り戻すたたかいでもあります。

基本的人権は「国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない」と憲法12条で規定しています。安倍政権のように権力者が暴走することも憲法は想定し、国民の抵抗権と責務も明記しているのです。



こうした投稿ができるのも、表現の自由があるからこそ。

それは、「人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」であり、「過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託された」(憲法97条)ものです。この憲法97条(基本的人権の永久不可侵性)をばっさり削除しているのが、自民党の「日本国憲法改正草案」です。

国会で改憲勢力が3分の2を超えて、憲法改正の発議が可能となったいま、憲法を守り抜くことができるかどうかは国民のたたかいにかかっています。

私が、私らしく、あなたが、あなたらしく生きるために、自由を守るために、一緒に声を上げましょう。

会場では「元気そうな顔を見れて良かった」と声をかけてくれた方もいました。気にかけていただけるのは、ありがたいことです。ますます元気に頑張ります!

拍手[1回]

公約実現へ力をあわせて――支持者の方が動画を作成してくれました

支持者の方が私のツイッターの発信をもとに動画をつくってくれました。参院選は終わりましたが、公約実現にむけたたたかいは続きます。作成してくれた方への感謝の気持ちをこめて動画をアップします。ありがとうございます。

拍手[3回]

私の生きる道

参院選の投票日の翌朝、畠山和也衆院議員、紙智子参院議員と街頭から選挙結果をご報告しました。選挙に勝っても負けても翌朝、有権者のみなさんにごあいさつをするのは日本共産党の伝統です。その後、時間の許す限り、支援していただいた方々を訪ねてお礼を述べるとともに、各後援会の報告会などに分刻みで参加してきました。

「必ず国会へ送ってください」と訴えて勝つことができなかった選挙。気持ちの整理がつかないまま支持者のみなさんとお会いするのは本当に申し訳なく、心苦しいことです。それでも、立候補した者の責務だと自分に言い聞かせて、朦朧(もうろう)としながら、ここ数日間、駆け回ってきました。



こうしたなかで、自分の気持ちに変化が生まれてきました。

責任感でお会いしていたのが、会わなければならないと、強く思うようになってきたのです。

ある支持者を訪ねたときのこと。玄関を開くと、こわばった表情をされていました。すると開口一番、「力が足りなくてごめんなさい・・」と言うのです。ハッとさせられました。支持者のみなさんこそ、苦しんでいるのです。

この方だけではありません。行く先々で、「申し訳ない」と涙をためながら手を握られました。隣にいた女性が「この人はね。本当に一生懸命に電話で支持を広げたのよ」と説明してくれました。

初めて候補カーに乗ってくれた同世代のお母さんは「悔しい」「悔しい」と何度もくり返し、「絶対に戦争する国にしてはいけない」と涙ながらに語りました。傍らには、無邪気な笑顔を見せる娘さんがいました。

日本共産党に入党して20年。2012年の総選挙以来、4度目の立候補でしたが、今回ほどたくさんの声援をいただいた選挙はありませんでした。無党派の方、他党支持の方、保守の方からも各地で激励を受けました。若者からの声援の多さは、乗務員が一様に驚きました。

安倍政権が戦争と独裁の道へ突き進むなかで、野党共闘の前進のために粘り強く、誠実に努力する日本共産党への期待はかつてないものがあります。比例代表での日本共産党の得票は全国で601万、北海道も28万超で、躍進した2014年総選挙の得票にほぼ匹敵します。安倍首相を先頭に自衛隊問題を利用した反共攻撃はすさまじいものでしたが、踏みとどまりました。

北海道選挙区は複雑な情勢のもとでのたたかいでした。中盤までの猛烈な勢いを終盤に生かせず、踏みとどまることができなかったことは痛恨の思いです。憲法を守りたいとの有権者の意識が強く作用したと感じます。実際、自民候補が落選しました。

こうしたなかでも、様々な葛藤を乗り越えて、239,564人もの有権者の方々が、日本共産党と私に信頼を寄せていただき、「森つねと」と書いて投票された事実は、極めて重いものです。

有権者の思いや戦争法や平和憲法だけではありません。暮らしを守ってほしいとの思いを日本共産党と私、森つねとに託されました。「母子家庭だから・・」と言葉を詰まらせ、目を真っ赤にされていた母娘の姿は生涯、忘れることはありません。

私の進むべき道は定まりました。

何よりも、投票していただいた方、寝食を脇に置いて支持を広げるために奮闘された支持者の方々を大切にしたいと思います。市民運動との連携も進めたい。時間ができた分、政策・論戦力も磨きをかけたいと思います。

たたかいはこれからです。衆議院でも参議院でも改憲勢力が3分の2を超えた状況のなかで、ますます国民のたたかいが重要になってきます。こういうときだからこそ、市民と野党の共同を前に進めるために努力する日本共産党の役割はますます重要になっています。1人区での野党共闘の効果が発揮されたことからも、あらためて衆院小選挙区での共闘や、政権をともにするための合意形成を重視したいと思います。

どんな状況でも「やっぱり共産党だ」と思ってもらえるよう、党も、私自身も進化を遂げていきたいと決意しています。体を立て直しながら、しかし、歩みを止めることなく、次のたたかいに備えます。

今度の選挙で嬉しかったのは、倍増した党の改選議席の中に、いわぶち友さんがいたことです。この1年、私とともに活動し、最も身近なところで私を支えてくれた一人です。より強力になった国会議員団ともしっかり連携していきます。

最後に、いつも私を助けてくれている妻と息子、両親に感謝します。心から、ありがとう。

拍手[10回]

共産党の乗務員には魂がこもっている




今日はちょっとしたトラブルがありました。機材の不具合で、途中から森つねとカーの音が出なくなってしまったのです。

選挙にトラブルは付きもの。どんと構えて対処するしかありません。しかし、森つねとカーの乗務員は違いました。


「悔しいね。悔しいね・・」。拡声器から音を出せる時間に少しでも音が出ないことを、誰もが心から残念に思ったのです。


森つねとカーはそのまま出発。しかし、乗務員は決して諦めません。いつもより大きく、「森つねとです」「よろしくお願いします」と声を張り上げました。すると、声に気付いた市民のみなさんが次々と手を振って応えてくれたのです。幸い、音響機器は比較的早く復旧することができました。


森つねとカーに乗っている人たちは、普段は普通に働いている若者やどこにでもいるようなおじちゃん、おばちゃん、地方議員などです。


「大変だよ~」と言いながら、いざ乗務すると、誰に指示されるでもなく、持ち場で力を発揮し、声を出して支持を呼びかけます。こんな素敵な仲間がいたからこそ、私はこれまで長い選挙戦をたたかうことができました。


どこに対しても遠慮なくモノを言うために、企業・団体献金も、政党助成金も受け取らず、自前の財政で活動する共産党の活動は決して楽ではありません。


しかし、社会変革のために、自分の人生と重ね合わせて自主的・自覚的に活動する党員や、後援会員のみなさんの熱い思いは、決して他党には負けません。一人ひとりに魂がこもっているのです。


明日は参院選の最終日。私は、みんなの思いを背に心を込めて訴え抜き、必ず勝利する決意です。最後までのみなさんのご支援を、心からお願いいたします。


拍手[10回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子

カレンダー

06 2016/07 08
S M T W T F S
2
3 5
10 11 12 14 15 16
17 18 19 22
24 25 26 27 28 29 30
31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp