忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

日本の政治の新しい時代をさらに前へ

この会議が後の時代から見て、歴史の分岐点になるかもしれません。日本共産党第27回党大会に参加しています。

静岡県熱海市の伊豆学習会館を会場に、昨日から18日まで4日間の日程。全県から選出された代議員が一堂に会する、党にとって最も重要な会議です。

この党大会に、党の歴史の中で初めて他の政党の代表が参加されました。

民進党の安住淳代表代行、自由党の小沢一郎代表、社民党の吉田忠智党首、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子代表が登壇。割れんばかりの拍手で迎えられました。その光景は新しい時代の始まりを強く印象付けるものでした。

安住代表代行はひと呼吸おいて、低い声で「この舞台に立っていることに歴史的使命を感じる」と語りました。

そして、「われわれと日本共産党の間には、安全保障、エネルギー、社会保障と考え方に隔たりがあります。しかし、完全な一致は難しいが、一つひとつ真摯に話し合えば、ある程度の幅に収めることはできるし、選挙協力も見えてくる」「違いをことさら強調するのではなく、大局観で一致点を求めれば、政治を動かすことができる」と述べました。

会場がどよめいたのは小沢代表の登壇です。急きょ、あいさつすることになった小沢代表。存在感に圧倒されました。

小沢代表は「戦後の憲政史上、大きな転換期を迎えるなかで党大会を迎えています。この転換期を促した原動力は、あなた方、日本共産党です」と強調。参院選1人区の野党共闘について、「高く、高く評価し敬意を表したい」と述べました。

同時に、自民・公明が3分の2の議席を獲得したことから、「私たちから見れば勝利とは言えない」と指摘。「われわれ野党がもっと緊密な協力関係を構築し、安倍政権を倒し、政権交代を実現しよう」と訴えました。

社民党の吉田党首も「真の野党共闘を達成しなければならない」と、情熱を込めてあいさつ。「衆院(小選挙区)の一本化は、295通りの難しさがあります。でも克服しなければなりません」「選挙協力の協議は加速すると思います」と力を込めました。

「元祖野党共闘は沖縄」だと述べた糸数代表は、日米両政府によって沖縄県民が虐げられている実情を鋭く告発したうえで、「安倍政権打倒のために、野党が力を合わせて、決して戦争できない国をつくるために頑張る」と決意を語りました。

志位和夫委員長は一人ひとりの代表と固く握手。そして、すべての代表があいさつを終えた後、政党代表を交え会場の全員で「団結がんばろう」と、拳を突き上げました。

私が印象的だったのは、数々の修羅場を乗り越えてこられた各政党の代表の緊張した様子です。

日本共産党にとって、野党共闘は新しい探究であり、挑戦でした。しかし、経緯はともかく、「日本共産党を除く」という体制が長く続いたなかで、他党にとっても共産党との共闘はハードルであり、党大会への参加は大きな決断を要したのではないでしょうか。各党のみなさんに心からの敬意と感謝を申し上げたいと思います。

志位委員長は開会あいさつでこう述べました。

「開始された日本の政治の新しい時代を、さらに前へ動かす党大会として成功させよう」

安倍自公政権とその補完勢力に、野党と市民の共闘が対決するという、日本の政治の新しい時代の扉を開くために、私も微力ながら貢献したいと思います。

拍手[2回]

PR

餅つきの音に・・

保育園で先日、餅つきがあり息子と参加しました。

息子はまだ餅を食べることはできないのですが、日頃お世話になっている保育士のみなさんやお父さん、お母さんたちと交流できればと思い参加しました。

「最近、つかまり立ちやハイハイが本当に上手になりましたね」

同じクラスのお母さんが声をかけてくれました。日々の送り迎えで息子のことも見てくれているのは嬉しい。

息子にとって初めて見る餅つきです。「バチン、バチン」と杵が餅に当たる音に息子の反応は・・。

「びぇ~ん」。泣いてしまいました(笑)大きな音と餅を突く動作も怖かったのかもしれません。見えない所まで離すと泣き止みましたが、餅を突くたびに、何度も音がする方向を振り返っていました。

一日一日成長していると実感する息子。最近は自分と他者との関係が気になるようになってきました。家にいれば、一人でいる時間よりも、私や妻と一緒にいる時間を好むようになり、細い腕を伸ばして立ち上がる練習の付き合いを求めてきます。

息子の成長にとっても、私にとってもかけがえのない時間を大切にしたいと思います。

拍手[1回]

勇気をもらった街頭宣伝

今週は西区を中心に活動し、終日街頭から訴えました。宣伝を支えてくれた後援会員・党員のみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

札幌は道内では比較的冬場も暖かい地域ですが、日中でも氷点下10度前後まで下がることも。体が冷えないよう防寒対策は万全ですが、寒暖が激しいときや突然の吹雪はさすがに堪えます。

でも、そんな辛さを吹っ飛ばしてくれるほど、沿道や車内からの声援がすごいんです。

手でサインつくって笑顔を見せてくれる人。通りすがりに肩をポンとたたいてくれる人。握手を求めてくる人。寒いのにわざわざ車の窓を全開にして手を振ってくれる人。地元の党員の方も「まさかこの場所でこんなに反響があるとは」と驚くほどです。

「(安倍政権は)やりたい放題じゃない。テレビ(のニュース)なんか見たくないから消すんだよ」

ある高齢の女性は怒りをあらわにしました。「国民も悪い」と話す女性。その国民が安保法制をめぐって立ち上がったこと、日本共産党が野党と市民の共闘に力を尽くしていることを話すと、「そうだ、そうだ、それしかないよ。頑張って」と握手をしてくれました。

年金について演説していると、「年金は少ないわね・・」とつぶやきながら通りすがる買い物帰りの女性もいました。

安倍政権の支持率は比較的高く推移していますが、丸ごと支持されているわけではありません。個別の政策では反対も多い。しかも、嘘やごまかしで乗りきっている状況です。

こういうときだからこそ、安倍政権にかわる存在として野党がしっかりまとまれば、政権を覆すことは可能です。市民のみなさんからもらった勇気を力に、ますます頑張ろうと思った街頭宣伝でした。

拍手[3回]

市民と野党の共闘は後戻りしない

市民と野党の共闘が後戻りすることはない-。そのことを強く実感する集いがありました。

9日に開かれた「中央区市民の集い」です。市民と野党の共闘を求める1区の会・中央区部会の主催。この日を心待ちにしていました。開催に尽力されたみなさんに心から感謝し、敬意を表します。

会場に入ると、すでに満席状態。車座になって開始を待つ人たちの真剣な表情が目に入りました。

衆院北海道1区予定候補である日本共産党の私、森つねとと、民進党の道下大樹さんが招かれた今回の集会。前半が私、後半が道下さんのコーナーで、それぞれ政治家を志した動機や重点政策など政見を述べた後、質疑・応答の時間がありました。

私は冒頭、憲法の国民主権を体現するような取り組みが市民の中で広がっていることに触れ、「市民と野党が力を合わせれば、怖いものはありません。共闘を大きく発展させて野党連合政権をつくり、自民党政治を終わらせたい」と、歴史的事業の成功のために参院選に続き再び立候補を決意した理由を述べました。

そして、日本共産党に入党した経緯や「しんぶん赤旗」記者を経験するなかで国政に挑戦することを決意をしたことを紹介しました。



いま安倍政権の暴走に歯止めがかかりません。その背景に、立憲主義を否定し、集団的自衛権の行使容認を決めた閣議決定と、安保法制=戦争法を強行した問題があり、閣議決定の撤回、戦争法の廃止で立憲主義を回復することが、国政の最重要課題だと強調。

こうした問題意識から日本共産党が一昨年、「国民連合政府(野党連合政権)」を提唱したこと、衆院北海道5区補選、参院選、新潟知事選などで野党共闘の力が発揮され安倍政権を揺るがしていると述べ、「国民的な『大義の旗』を掲げ、『本気の共闘』を行えば安倍政権を倒すことはできると展望が開けています。総選挙でもやりましょう」と呼びかけました。

総選挙は政権を争う選挙です。多くの国民のみなさんにとって「これなら野党に任せてみたい」という枠組みを示す必要があります。具体的には、①豊かで魅力ある共通政策づくり、②本格的な相互推薦・支援、③政権問題での前向きな合意、です。

共通政策で重要だと考えるひとつは、原発問題です。日本共産党は原発の再稼働に強く反対し、2030年までに電力需要の4割を再生可能エネルギーで賄うことを提案していますが、原発問題は必ず盛り込みたい。

JR北海道の問題も重要です。最大の問題は国鉄の分割・民営化であり、立ち返って検証することが必要ですが、国の責任を明確にして鉄路を維持できるよう、「オール北海道」で運動を広げながら共通政策にも盛り込み、道民の足を守りたいと思います。



野党4党の間では「総選挙を協力してたたかう」ことを確認し、政策・実務者の協議も始まりました。

私は「野党の結束を目に見えて示すことが大切だと思います」と述べ、市民のみなさんと民進党の道下さん、私を含めた街頭宣伝を提案しました。

「市民と野党の共闘は日本の歴史で初めてのことであり、さまざまな困難が伴うのは当然です。数合わせではなく、互いを尊重し、しっかりとしたプロセスを踏みながら揺るぎない共闘を実現させることができれば、安倍政権を倒すことは可能です。そして、この課程こそ、日本の民主主義の前進にとって巨大な力になると確信します」

私はこう訴え、さらに、日本共産党は政党・団体・個人の共同の力=統一戦線の力で政治を変えることをめざし、自民党政治を大もとから変える展望を持つ政党だということも紹介。野党連合政権を実現し、憲法を生かした国づくりに転換するために力を尽くす決意を述べました。

会場からは「日米同盟に対する考え方が民進党と異なるなかで、政権を共にした場合の『安保条約廃棄』の立場は」「原発の『核のゴミ』の処分はどうするか。北海道が受け入れる必要もあるのではないか」「経済政策について」など次々と質問が寄せられ回答。市民のみなさんの「何としても市民と野党の共闘を成功させたい」という強い意志を感じました。



市民と野党の共闘を求める会の「野党統一候補を求める有志アピール」に次のような一節があります。

「一人ひとりは小さな力かもしれません。でも、これが社会を変える力になるのです。歴史をみても、世界を見ても、社会を変えるのは、私たち市民です」

市民と野党の共闘は、単なる手段ではなく、これからの政治と民主主義のあり方、主権者としての生き方と深く結び付いた問題であり、この流れを止めることはできないと、私はあらためて感じました。

私の持ち時間が終わり会場を出ると、これから入場する道下さんとお会いしました。柔らかい笑顔が印象的な道下さん。しっかりと握手を交わしました。

この日は札幌市内各区で成人式が行われ、小形香織市議と宣伝も行いました。新成人のみなさんは、すでに主権者として仲間入りしてます。新しい日本をつくる展望、国民一人ひとりが持つ大きな可能性を共有し、社会を変える主人公としてともに歩みたいと心から思いました。

拍手[1回]

「抗議始め」

「抗議始め」です。先週の金曜日、道庁前で今年1回目の反原発抗議行動が行われました。230回目になります。

畠山和也衆院議員、紙智子参院議員とともに、他の行事を中座して参加。年末最後の行動に続く参加です。



昨年10月に行われた新潟知事選挙では、野党と市民が結束して原発再稼働に反対する米山隆一さんを統一候補として擁立、自民・公明推薦の候補を打ち破り、官邸に衝撃を与えました。

私はスピーチで「ただちに廃炉にしましょう。そのためには、政治を変えるのが一番です。野党の共通政策にも原発問題を盛り込みたい」と決意を述べました。

会場には小さな雪だるまを並べて飾り付けする人の姿も。原発問題は、国民の命がかかったシビアな問題です。だからこそ、再稼働反対の運動に参加する人たちの心は温かい。



短時間の参加も可能です。新しい社会をつくる運動に、あなたもぜひご参加を。


『道庁前反原発抗議行動』

毎週金曜日、午後6時半~7時半。道庁北門にて。
(※冬期の抗議時間です。悪天候などにより中止、時間短縮の場合があります)

拍手[3回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
2 3 5 6 7
10 11 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp