忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

すべてのみなさんの思いを胸に

「勝たせてやれなくて、すまなかった…」。
目にいっぱい涙をためた男性は、私の手を何度も握り返してくれました。総選挙投票日の翌日、清田区で結果報告の街頭宣伝をしたときのことです。選挙期間中、ひとけのない日没後の街頭演説に、いつもご夫婦で応援に来ていただいていました。「この人の思いを、自分はどこまで受け止められていただろうか」と恥ずかしくなり、もっと懐の深い人間に成長したいと思いました。
総選挙で日本共産党は、直近の参院選の得票・得票率をわずかに上回りましたが、残念ながら1議席減となり、北海道の悲願の議席獲得にはなりませんでした。しかし、比例ブロック(8議席)の順位は、前回の11位から9位まで上昇し、はたやま和也さんの当選に、あと一歩まで追い上げました。小選挙区で「森つねと」と書いていただいた方は、19705人(得票率8・2%)でした。
沿道から、ご自宅や商店、車の中から、本当にたくさんの力強い声援をいただきました。多くの同僚がいる工事現場で、一人ガッツポーズをしてくれた若い作業員。その勇気と、託された暮らしへの願いを、私は胸に刻み続けます。
日本共産党は、強い党です。各後援会の選挙後の「集い」では、「議席を獲得できなかった悔しさをバネに、巨大メディアの影響力を上回るような対話を日常的に広げていく」と、共通して決意が語られました。
何の見返りも求めず、草の根で国民と結びつき、悩みに寄り添い、政治を変える展望を語り合う―。この党を、一回り、二回り、大きくしたいと、強く思いました。有権者の自民「大勝」への不安、新しい政治への模索と探求が続くいまだからこそ…。
私を支えてくれた、すべての人々の思いを胸に、一人の党員として、来夏の参院選勝利に全力を尽くします。

拍手[12回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp