忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

スポーツも選挙もフェアプレーで

 参院選公示まで17日です。これから公開討論会や政見放送、マスコミインタビューが立て続けで緊張感も高まります

 ただいま私は政見放送の原稿を作成中。

 カンペを見ながらテレビカメラに向かう候補もあるそうですが、日本共産党はこれまでもカメラの正面を向いて、画面を通して政策を訴えてきました。

 5分30秒の真剣勝負です

 準備の合間に、忙しくて読めなかったプロ野球の統一球問題について新聞報道を読みました。

 今日の「しんぶん赤旗」主張でも、この問題で書かれていました。

 見出しは「選手やファン軽んじた隠し球」
 

 ヤクルトの宮本慎也選手は「選手がバカにされている」。

 選手会長の嶋基宏選手(楽天)は「知らなかったでは選手もファンも納得できない」。

 もちろん私も納得できません

 抗議を受けた加藤良三コミッショナーは、駐米大使など務めた元外務官僚なんですね。

 主張を読んで気がつきました

 天下りなどの「お飾り職」と言われ、役割を果たしていないと、これまでも指摘されていたんですね。

 私が赤旗記者の時に、ロコソラーレの本橋麻里選手にインタビューをしたことがあります。

 カーリングにかける熱い思いが、クリクリっとした大きな目からも伝わってくるような取材でした。

 常呂に戻ってきて、良かったことは「誰に対しても応援してくれ、ときには叱ってくれる」ところと話した本橋選手。

 カーリングは、点差が離れてギブアップした時も、お互いに健闘を讃えあいます。

 本橋選手の言葉や表情からも、フェアプレーの大切さが伝わってきました

 本橋選手は「メンバーの個性を出せるようにしたい。それぞれが意思を持つことで、理想的なチームになっていくと思います」と語ってくれました。

 スポーツも選挙もフェアプレーで。

 ごまかしのある政治は、日本共産党の躍進でストップさせましょう

拍手[8回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
6 7 10 11
14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp