忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   
カテゴリー「徒然なるままに…」の記事一覧

子どもたちの笑顔を守るために

先週末は息子の保育園の運動会でした。私たち親子と祖父母で参加しました。

昨年の初参加以来2回目です。前回は広い会場や喧騒に興奮気味でしたが、今回は借りてきた猫のようにおとなしくしていました。

昨年はまだハイハイができず、「ハイハイ競争」ではスタート地点で固まって泣いていた息子。今年も途中から泣いてしまいましたが、母親の手に引かれ歩いてゴールまでたどり着くことができました。

お遊戯にも初挑戦です。練習のときはノリノリで体を動かしていたようですが、本番では大勢の観衆の前で棒立ちに。でも、私の支えもあって最後まで立ち続けることができました。



一連の種目が終わり観客席に一緒に戻ると、一転して笑みがこぼれました。自分の出番が終わり安心したのだと思います。周囲や自分の置かれている状況を理解できるようになった姿にも成長を感じました。

想定外だったのは、急きょ私が大人リレーに参加することになったこと。息子の頑張りを見て手抜きをするわけにはいきません。ケガをすることがないよう入念に準備体操をして、全速力で駆け抜けました。翌日は筋肉に少し変化が起きました(笑)

成功しても失敗しても、子どもたち一人ひとりの活躍を応援する保育士さん。会場からもさざ波のように拍手が起こり、温かい雰囲気に包まれました。

運動会が終わり会場を出ると、気持ちのよい秋風が息子の顔にもあたりました。

その直後、臨時国会の「冒頭解散」の一報が入り、ただちに総選挙に向けた臨戦体制に。緊迫した日々を過ごしています。

子どもたちの笑顔を守るために、いまこそ大人たちが力を合わせましょう。

拍手[3回]

PR

救急車で・・

「(息子が)保育園で頭を打った。これから病院へ行くから来て」

妻から電話が入りました。電話口からは救急車のサイレンの音。

「え?意識はあるの?」「ある。じゃあ病院で」

短いやり取りでしたが命に別状はないと確信し、病院へ急ぎました。それでも、顔を見るまで安心はできません。

病院へ着くと、担任の先生が処置室の前で待っていてくれました。

「申し訳ありませんでした!」。思いがけない転倒で頭を打ち付けてしまったとのこと。先生の目は赤く腫れていました。園長先生も駆け付けました。


(写真は当日のものではありません)

妻に抱っこされた息子と面会すると、疲れて少し眠そうでしたが普段と変わらない様子。間もなくしてMRIで脳の状態を検査しました。

結果は「問題ない」とのこと。「子どもの頭蓋骨は柔らかく、大人より衝撃を吸収することができます。もし変化があれば連絡をください」。お医者さんは笑顔で話しました。

遅い時間でしたが、息子を気遣いながら最後まで寄り添ってくれた園長先生と担任の先生。感謝の気持ちを込めてねぎらい、その場をあとにしました。

私たち夫婦はもちろん息子のことが心配でしたが、先生たちはそれ以上に責任を感じ心配されたはず。命を預かる保育の仕事はいつも緊張を強いられます。これからも協力して息子の成長を支えていきたいと思います。

拍手[3回]

生きる力

息子が昨日、退院しました。お気遣いいただいたすべてのみなさんに心から感謝します。

9日間の入院でした。前回RSウィルスに感染し入院したときより2日短く、重症化を防ぐことができました。

24時間付き添いが必要なため、妻と交替で息子に寄り添い、日中は祖父母に協力をお願いすることもありましたが、家族の絆が深まったと思います。

寝不足の日々が続いたので、昨日はしっかり寝ようと思いましたが、息子が暴れてギャン泣き。それだけ苦痛の日々だったのでしょう。ひたすら抱っこして過ごしました。

入院中から食欲が増していましたが、帰宅後もその傾向は続き、むさぼるように食事も。

この先も何度も病気をすると思います。辛いけれど、この子にとっての宿命です。しかし、その度に困難を乗り越え、たくましくなっていく息子とともに私も成長したい。

ところで先月、息子が初めて歩きました。この間、つかまり立ちをしながら、自分で恐る恐る手を離す練習をしていた息子。よろよろしながらも3歩、しっかり歩くことができました。これからも子ども自身の生きる力、意欲を見守り、応援していきたいと思います。

拍手[3回]

嬉しい兆候

息子の入院から3日目。

早くも良い兆候が見えてきました。ひとつは熱が下がってきたこと。もうひとつは食事ができるようになったことです。

病院食を一口与えると自ら口を開き、その後もパクパクと食べました。食べたいおかずを要求できるくらいの余裕も。

食欲の低下に異変を感じたことが急いで受診したきっかけの一つでしたが、まずはひと安心です。

問題は呼吸器の状態。今のところ悪化を食い止めていますが、油断はできません。ときどきひどく咳き込むと、息子も不安になって泣き叫びます。そんなときは唄を口ずさむと泣き止みます。

見つめてくる息子の目を見ながら歌うと、どうにも・・。1曲が限界です。



2歳ころまでにほぼ100%が感染するRSウィルスは、感染をくり返しながら少しずつ免疫を獲得するといわれています。

早産で体の機能が未熟だったり、出生時に疾患を伴った場合は重症化しやすくなります。息子もそんな状況です。

RSの感染が確認されたのは2度目ですが、前回より症状は落ち着いています。少し免疫ができたのかもしれません。

標準的な体格の子どもに比べると半分程度の息子。保育園でお友達の機敏な動きを見て、もどかしい思いをすることもあるはずです。しかし、懸命に動き回り体力をつけてきたことが、病気に打ち勝つ力になっていると思います。

たたかう息子の快復へ、私たち家族も力を合わせて頑張ります。

拍手[1回]

息子の入院

一昨日の夕方に息子が保育園で発熱して受診、自宅療養していました。

しかし、40度まで熱が上がり、夕方から咳がひどくなってきたため、夜間救急センターを経て当番の病院へ。検査の結果は気管支炎で、RSウィルスの感染によるものでした。



保育園で大流行していた手足口病にもクラスで一人だけ感染しなかった息子でしたが、RSウィルスをはねのけることはできませんでした。

必要な処置をしていただき入院。今晩は私が付き添い、家族交代で見守る日々が始まります。

生まれたときの体の損傷が原因で重症化しやすいのですが、息子もこの2年間で着実に強くなっているはず。早く回復できるようサポートしたいと思います。

拍手[2回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp