忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   
カテゴリー「もりもりジャーナル」の記事一覧

命を救う最後のセーフティネット=生活保護制度を守りたい!

今日は国会の会期末です。

国会から駆けつけた紙智子参議院議員や、木村けんじさんと一緒に札幌駅前で仕事帰りのみなさんに訴えました。


マスコミ各社が勢ぞろい。

日本共産党への注目の高さを感じますemoji

私が街頭で紹介したのは、生活保護改悪法案についてのうれしいニュース。

参議院本会議で安倍首相への問責決議が可決されたため、廃案になりましたemoji

国民の運動と日本共産党の国会論戦が実を結びました。

この法案は自民党と公明党とともに、民主党、維新の会、みんなの党、生活の党と、そろって賛成していましたemoji

政府・与党が採決を狙っていた同法案は、生活保護を受ける手続きのハードルを引き上げて受給者を減らすと同時に、受給者への生活費支出や健康への監視・管理を強めることで保護費圧縮を狙った、かつてない制度改悪です。

口頭でも受け付ける保護申請を、通帳など多くの書類がなければ申請を受け付けないようすることで、現在、申請があっても申請書を渡さないということで問題になっている「水際作戦」が、合法化されてしまうのですemoji

また、福祉事務所の調査権限の強化によって、扶養する能力のある親族に、扶養を義務化する大改悪も盛り込まれていました。

こんなことが実行されれば、「親族には迷惑をかけられない」と申請をためらい、貧困による餓死・孤立死がますます増加してしまうのではないでしょうか!

私は、しんぶん赤旗の記者の時代に、忘れられない経験があります。

一時は死を意識したが、生活保護によって前向きに歩み始めることができたという男性の取材です。

タクシー運転手をしていた札幌の男性は、自家用車の車検費用が捻出できなくて、車を手放したことから、通勤が不便になり、やむなく退職しました。

不安定な日雇い派遣の仕事で食いつなぎますが、その仕事も途絶え収入を失った男性は、スーパーの試食コーナーや、無料の牛脂で空腹をまぎらわす生活に。

電気も水道もガスも使えない状態にもなり、冬場は、寝袋で寒さに耐えました。

アパートの家賃は兄弟が工面していましたが、それも限界に近づき、「生きていても仕方ない」と思い始める男性。

そんなとき、いつも通っているスーパーで無料情報誌を手にします。

北海道生活と健康を守る会連合会(道生連)が「生活保護申請で困っていませんか」と呼びかけていました。

男性はすぐに道生連に電話。

道生連の援助で生活保護が受けられるようになり、前向きに歩みはじめることができるようになりました。

病気やケガ、高齢化によって働くことができなくなるということは、誰にでも起きうることです。

非正規雇用など、働いていてもまともな給料が支払われず、生活保護を受け取らないと生活できないということもあります。

どんなときにも人間らしく生きていけるように、生活保護制度は必要ですemoji

「生活保護を受けているのに遊んでいる」と、「不正受給」が問題にされています。

しかし、いわゆる「不正受給」は全体の0.2%程度。

生活保護基準以下で、実際に生活保護を受け取っている割合を示す、生活保護捕捉率はわずか16.3%emoji

本来、生活保護が必要とされているにもかかわらず、受け取れていない人が大勢いることこそ問題ではないでしょうかemoji

「自分は真面目に働いているのに、生活保護よりも所得が少ないのはおかしい」という声もあります。

しかし、働いている人の所得が生活保護よりも低いという現状こそ、おかしいのではないでしょうかemoji

日本共産党は大企業がため込む260兆円の内部留保の一部を使って、賃上げや正社員を増やすこと、中小企業予算を増やし、時給1000円以上の最低賃金の実現することを提案しています。

今度の参議院選挙で生活保護制度の改悪を目指す勢力に審判を下し、日本共産党の前進で「くらしの安心」を取り戻しましょうemoji

今日は新聞社の共同インタビューもありました。


公示日まであと8日。

もっともっと、多くの人に日本共産党の訴えを広げていきたい!

拍手[10回]

PR

都議選勝利に元気モリモリ!今度は参院選勝利へ!!

23日の東京都議会選挙で日本共産党は17議席を獲得(前回8議席)しました

目標としていた議案提出権がある11議席を大幅に上回り、都議会第3党に。

とてもうれしい結果です



日本共産党に願いを託してくれた東京の有権者のみなさんに「ありがとう」と言いたい。

そして、最後の最後まで、1人ひとりの都民の願いを受けとめ、支持を働きかけられた後援会員・党員の皆さん、本当にお疲れ様でした

さっそく、私のところにも都議会選挙の結果をどう考えるか、と取材が入りました。

選挙戦で日本共産党は、都民の皆さんの「3つの願い」を託してほしいと訴えました。

一つは、暮らしと景気を良くしてほしい。所得を増やして経済を立て直してほしい。

二つは、原発ゼロの日本をつくってほしい。

三つは、日本国憲法を守り生かしてほしい。

こうした訴えが、都民の皆さんの切実な願いとかみ合い、「日本共産党をのばして実現しよう」という、声が広がった結果だと思います。

都議会選挙ではいままでになく、多くの方が演説に立ち止まったと聞きます。

私の街頭演説でも昨年の総選挙以上に、真剣に話を聞いてくれる方が増えています。

でも、まだまだ訴えが届いていない人が大勢います。

もっともっと多くの方に、日本共産党の政策を、姿を、伝えたい

参議院選挙でもこの三つの願いと、「オール北海道」で広がるTPP反対の願いを、訴えていきます

最後に当確が出たのは、都議会最年少25歳で当選した豊島区の米倉春奈さん。

「どこかで会った気がする…」と思ったら、3月の「特別党学校」で共に学んだ仲間でした!

今度は私の番です

道民の代表として、私、森つねとを国会に送り出してもらえるように訴えていきます!

政見放送を今日・明日と収録しています。

5分30秒の真剣勝負。

公示後に放映されるので、ぜひ、見てくださいね

拍手[7回]

若者を使い捨てる政治は許さない!

先日、「2013年版自殺対策白書」が閣議決定されました。

2012年は1998年以来、14年ぶりに自殺者数が3万人以下に。

しかし、仕事の厳しさや就職難を背景に20代ではなお高水準だそうです。

私と同じ世代の2人に1人が非正規の仕事。

私の友人も派遣の仕事で職場を転々とし、「自分なんて必要とされていないんだ」とつぶやいた言葉が忘れられません。

人はモノではありません

同じ青年として、若者を使い捨てにする政治を、今度の参議院選挙で必ず変えたい

私は青年・学生の多くの声を聞きました。

高すぎる学費のために、進学をあきらめなければいかなかった高校生。

厳しい就職難と激しい競争教育で、苦しめられている大学生。

長時間・過密労働によって、身も心もすりつぶされる青年。

青年を追い詰める今の政治に強い怒りを感じます

一方で、「自分の力が足りないのが悪いんだ」と自分を責める若者の姿にも接してきました。

「自己責任」が社会にまん延し、若者をいっそう苦しめています。

「悪いのはあなたではない」と声を大にしていいたい。

若者の可能性をのばすことよりも、大企業のもうけを優先させ、財界いいなりの政治を行ってきたことに元凶があります。

ヨーロッパなみの「ルールある経済社会」をつくり、生きる喜びが実感できる社会をつくりたい

今日は天気の悪い中、南郷18丁目駅での街頭演説に多くの方が聞きに来てくれました。ありがとうございます


みなさんにもらった元気で、これからもモリモリがんばります!

拍手[4回]

原発のない北海道をつくりたい

 北海道電力の料金値上げについて、経産省主催の公聴会が開かれました。

 出された意見をもとに経産省が実際の値上げ幅を決める段取りですが、ただのセレモニーや「ガス抜き」にしてはならないと思います

 今月6日に北海道電力へ要請した際に、私たちの質問に「原発にかかる費用は年間800億円ほど」と回答がありました。
 

 燃料費が経営を圧迫してるのでなく、原発が経営を圧迫してるわけです

 だから、どの電力会社も原発再稼働を急ぎたがる。

 昨日も書きましたが、新規制基準の施行日が決まったとたん、いっせいに再稼働申請が出されるようです。

 再稼働のための新基準。

 新たな「安全神話」の始まりではないでしょうか

 そのうえ、自民党・高市早苗政調会長の「福島第一原発事故を含め、事故によって死亡者が出ている状況ではない」発言。

 事実を知らない、ということはないと思います。

 事実を知って言っているのなら、人間性まで疑います。

 原発事故の被害を小さく見せて、再稼働のハードルを下げようというのでしょうか。

 先日の全国ニュース番組で、北海道下川町が紹介されていました。

 木質バイオマスエネルギー、とことん地元材を活用した町営住宅など、「自然とともに生きる町」の素晴らしさを感じました。

 こういう町が、北海道に広がっているのは嬉しいですね

 原発をなくす道を、足元から作っていきましょう

 原発に頼る社会よりも、自然の恵みを生かした社会にしていきましょう

 北海道なら、できるはずです

拍手[7回]

人類と原発は両立できない

 原子力規制委員会が、原発の新しい規制基準を決めました。

 北電は、施工予定の来月8日にも泊原発の再稼働申請をおこなうと報じられています。

 新基準の全文は約1700ページですから、現瞬間で私が判断できるのは報道の範囲でしかありません。
 

 しかし報道を見るだけでも、いくつかの疑問が

 フィルター付きベント設備は、泊原発のような加圧水型では5年の設置猶予がありますが、本当にそれでいいのか。

 同じく、遠隔操作で原子炉を冷却する「緊急時制御室」も、同じく設置の5年猶予でいいのか。

 事故の際の冷却には、移動可能なポンプ車を分散配備としていますが、地震・津波で道路がふさがれた場合に原子炉までたどり着けるのか。

 避難体制が難しいという周辺自治体もあるのに、再稼働へと見切り発車していいのか。

 そもそもですが、再稼働が必要なのでしょうか

 先日の「朝日」でも、再稼働反対は過半数でした。

 処理方法が決まらない、使用済み核燃料をどうするのでしょうか。

 電力会社は「それは国が決めること」と言うでしょう。

 国は「研究を続けていく」と言うでしょう。

 そんな無責任なことを、許していいのでしょうか

 福島から避難し、今も被ばくの心配をしながら毎日を過ごしている方は、どのような思いでいるのでしょう。

 原発と人類は両立できないと、福島の事故で気づいたはずです。

 再稼働の強行は、絶対に認められません

拍手[4回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp