忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党道政・政策委員長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ道政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この議席を必ず!

昨年2月末に道議選への立候補を表明して以来、1年余。知事選を皮切りに、いよいよ、統一地方選が始まります。日本と北海道の命運を分ける選挙です。

「安倍首相の国会答弁は酷すぎる。こんな政権を続けさせてはならない」

安倍政権への怒りの声が地域で渦巻いています。問答無用の強権政治は、消費税増税や9条改憲をねらっています。

しかし、諦める必要はありません。日本共産党の私、森つねとを道議会へ!「道民は消費税増税や改憲を許さない」と安倍政権に突き付け、中止させましょう。

「(国鉄の)民営化は間違いだった。地域を支える鉄道を守ってほしい」

街宣中に会釈してくれた女性に駆け寄ると、そう言って私の手を握ってくれました。安倍政治の“北海道壊し”を受け入れてきたのが自民・公明の道政です。

国保料の問題もその一つ。今年度から都道府県化した国保は、4月から6622円、さらに連続値上げが見込まれます。これに対し、市町村独自の保険料軽減策の解消を迫っているのが自公道政です。1兆円の公費投入で大幅値下げこそ必要です。

安倍政権直結の道政を変えて、その力で国政も変える。定数3の議席の一つは、日本共産党の私、森つねとへ!力を貸してください!



拍手[2回]

PR

若者とともに

3月11日、東日本大震災から8年を迎えました。いまだに福島県だけでも4万人を超える方が避難生活を送り、故郷に戻った方も喪失感を抱えています。

震災の被害を広げたのは、言うまでもなく福島第一原発事故です。あの事故さえなければ続いていた普通の暮らしが壊されました。こうした現状を直視するなら、原発の再稼働や輸出はあり得ません。

同日、中央区青年・学生後援会の集いが開かれました。「福祉がないがしろにされている。もっと人手を増やして」「奨学金返済の負担が重い。北海道も返済不要の奨学金を」。10代から30代までの若者が、自分の願いを臆せず語りました。

若者はいつも時代の先を歩んでいます。忘れられない光景があります。道庁前で続く反原発抗議行動。私は「しんぶん赤旗」の記者として1回目から取材しました。

そのとき、震える手で自作のプラカードを掲げていた18歳の女子学生は、「自分のためにも、被災者のためにも原発をなくしたい」と話してくれました。原発ゼロの運動は市民と野党の共闘の源流として発展し、政治を動かす力になっています。

集いでは「必ず道議会に送りたい」と激励を受けました。若者の願いに応えるために、必ず勝利する決意です

拍手[2回]

『宝物』

先月の事務所開きでサプライズがありました。私と息子が描かれた肖像画のプレゼント。繊細なタッチに作者の優しさがにじみ出ています。小形かおり市議の肖像画と合わせて、1カ月もかけて描いてくれたとのこと。一生の宝物です。



「目尻を下げすぎたかな」と、作者のTさんは笑いました。早産で生死をさ迷い、658㌘で生まれた息子。早いもので、あと3カ月で4歳になります。

最近は成長著しく、聞き取った言葉をしっかり発音できるように。フォークを握って自分で口に運べるようにもなりました。そんな変化が何より嬉しい。

もっとも、発達はとてもゆっくりです。検査結果を見て、この子の生涯を案じたこともあります。しかし、幼いながらも懸命に自分の人生を歩もうとしている-。そんな姿を見て、些細な変化も見過ごさず、息子と向き合うことを大切にしてきました。だから私は、おのずと人に対する目線が低くなります。


(生後17日、保育器の中で母親の指を握る)

息子の発達と成長は、家族だけの力ではなく、日々見守ってくれている保育園や病院、発達支援の方々の力があってこそ。

あなたの命も、私の命も、かけがえのない「宝物」。一人ひとりの人生に寄り添い、支える道政の実現へ力を尽くしたい。

拍手[8回]

新しい道政への願い

街頭で夜、演説をしていると30代の男性がコンビニから出てきました。すると、「頑張ってください」と私の手を握り、また戻っていきました。そんな出会いと励ましが毎回の宣伝で続きます。

今度の道議選は私にとって6度目の挑戦ですが、これほど街頭で激励を受け、対話が弾んだことはありません。そこには、高橋道政のもとで生きる道民の苦しみと、新しい政治を求める願いがあります。

16年間続いた自民・公明の道政は道民に何を残したか-。北海道新幹線は開業しましたが、毎年100億円の赤字を出し、在来線の存続を危うくしています。



海外からの観光客は増えていますが、農業従事者は42・4%、7万1000人も減少、小規模企業も18・3%、2万7000社減る一方、非正規雇用は17万人増加しました。国いいなりで大型開発を推進しながら、社会保障を切り捨て、農産物の輸入拡大や消費税増税を容認してきた結果です。

さらに、原発再稼働の判断は示さず事実上容認、カジノ誘致については、任期切れ直前に「取り組みを進めていくことが重要」と答弁し、いらない“置き土産”です。

安倍政権直結の道政にさよならを!豊かな自然と恵みの大地、道民の力を生かし、安心して暮らせる北海道ヘ!石川ともひろさんを知事に押し上げ、新しい道政を支える強力な日本共産党道議団をつくってください。私、森つねとを道議会へ送ってください!

拍手[1回]

握手の力

「おっ、けっこう力あるね」。先日、ある男性と握手をしたとき、かけられた言葉です。少し嬉くなりました。

7年前に候補活動を始めたころ、ある男性から「握手の力が弱い」と指摘されたことがあります。それ以来、一人ひとり心を込めて強く握ってきました。

数えきれないほど多くの道民のみなさんと交わしてきた握手。道議選の告示日まで1カ月余に迫るなか、私の手を力強く握ってくれる方が増えています。

「これよ、これ」。街頭演説をしていると、遠くから女性が駆け付け、「アベ政治を許さない」と書かれたキーホルダーをかざして激励してくれました。

「僕はリベラルだけど、野党共闘の軸は共産党でいいと思う」。ある男性は演説の後こう語り、支持を約束してくれました。その度に握手を交わします。

軍国主義とファシズムへの道に突き進む安倍政権と鋭く対決し、市民と野党の共闘に力を尽くす日本共産党。7年前にはなかった新たな注目と期待が広がっています。

「負けたら許さないよ」。ある男性は訪問先で私の手を痛いほど握ってくれました。私も負けない力で握り返しました。北海道から安倍政治を変える決意を込めて。

拍手[1回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
道政・政策委員長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年・学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者
2017年
衆院道小選挙区1区予定候補者(野党共闘のため立候補を辞退)

日本民主青年同盟道常任委員、原発問題全道連絡会理事を歴任。
 
家族:妻、子(3歳)

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒064-0805 札幌市中央区南5条西10丁目 TEL:011(512)6661 FAX:011(512)6914