忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党道政・政策委員長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ道政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   
カテゴリー「活動報告」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この党とともに

街頭から訴えを続けています。寒さ対策をしていても、一日中立ち続けるとさすがに体に堪えるときもあります。

いつものように宣伝カーを使って演説していたときのこと。雪が降り始め、視界が悪くなってきました。このとき、高齢の女性党員Aさんが同乗していましたが、風邪を引いては大変です。

「降りないでください」と伝えドアを開けずに演説を始めると、自分から降りてチラシを配ってくれているではありませんか。着物姿がよく似合うAさん。凛とした表情で腕を伸ばし続けました。

同じく女性党員のBさんは退職後、事務所に手伝いに来てくれています。「何かやることはありますか」と事務所メンバーに声をかけながら仕事を見つけ、率先してトイレ掃除もしてくれています。

男性党員のCさんは、力仕事や大工作業が得意で、私の看板も設置してくれました。誰から指示されるわけでもなく、スコップとスノーダンプを駆使して、事務所回りをきれいに除雪してくれます。

自覚的な党組織は日本共産党の何よりの宝。こうした党員のみなさんがいるからこそ、私は苦しいときでも頑張ることができるのです。明るい未来を開くために、年末ぎりぎりまで力を尽くします。


拍手[1回]

PR

「福祉灯油」の実現を

民青同盟で活動する高校生を車で送迎していたときのこと。「今日は寒いね」と声をかけると、「家ではまだ暖房をつけていない。灯油が高いから」とつぶやきました。室内とはいえ、氷点下近い外気温で暖房を使えないのはつらい。思わずヒーターの風を強めました。

札幌の灯油価格(配達用)は、昨年同月比で23円も高い1㍑106円(10月現在)。2000年頃は40円代でしたから、2倍以上に跳ね上がりました。

こうした現状を緩和するのが「福祉灯油」制度です。高齢者や障害者、母子家庭など生活困窮世帯への生活支援策として1974年に北海道が導入した制度でしたが、98年度から各市町村に委ねられ、道が費用の一部を助成しています。



「福祉灯油」への助成を含む燃油高騰対策の強化を求めて15日、北海道経済産業局に対し、はたやま和也・前衆院議員、菊地よう子、佐野弘美両道議らと緊急要望を行いました。

私も道民の実情を伝え、「国としても『福祉灯油』の支援を」と要望。実際、2007年には特別交付税による国の支援が実現、札幌市などを除く道内176市町村が実施しています。

北国の生活に欠かせない灯油。命とくらしを守るために声を上げましょう。

拍手[1回]

熱い眼差しに応えて

冬の足音が聞こえてきました。街頭から訴えを続けていますが、外気の低さと反比例して市民のみなさんから日本共産党への熱い眼差しが寄せられています。

幌西地域で宣伝していたときのこと。のぼり旗を持つ党支部の方と女性が対話していたので、駆け寄りました。

「音が聞こえてきたから、苦情を言おうと思ったら共産党じゃないの」。こう切り出した40代の女性は、福島第一原発事故の放射能汚染から逃れるために東京から自主避難したことや、市民運動に関わってきたことを語ってくれました。

「自民党は絶対だめ。私は無党派だけれど、最近は共産党に入れているよ。あなたのことはポスターを見て知っています。ずっと運動を続けてほしい」。

女性は後援会員にもなってくれました。

創成支部のみなさんとの宣伝では、参院選で私に一票を投じてくれたという男性と対話に。「どうすれば政治を変えられるのか」「共産党が政権をとったらどうなるか」「あなたに期待していいのか」と矢継ぎ早に質問する男性に、市民と野党の共闘の意義や党の理念・歴史を語り、最後は固い握手を交わしました。

党への期待と注目を支持につなげることができるよう力を尽くします。

拍手[1回]

政治変革は路地裏から

初めて街頭でマイクを握って以来、20年以上経ちますが、近年は多くの方が聞いてくれていると感じます。そのことを特に実感するのは路地裏です。

大通支部のみなさんと住宅街で宣伝していたときのこと。通行中の男性が注目していたので、声をかけました。

すると男性は「俺、言いたいことがあるんだ」と切り出し、札幌市の震災対応について不満を語りました。「地震のとき資生館小学校に避難したけど、暗くて懐中電灯を持参しないといけないんだよ。避難所に自家発電を設置すべきだ」。

男性の意見に共感しつつ、防災対策を後回しに都心アクセス道路をつくる計画があることを伝えると、「それはおかしい。署名?やるよ」と言ってサインしました。

「親は公明党だけど、俺は無党派さ。話ができてすっきりした。頑張ってよ」。男性と二度、固い握手を交わしました。

桑園支部のみなさんと小さな公園の前で宣伝したときには、2歳の娘さんを遊ばせる母親と対話になりました。

上のお子さんが待機児童で苦労したことや、子どもの医療費が話題に。「卒園しても病気になる。せめて小学校まで無料に」と願いを託されました。新しい政治をつくる力は路地裏に溢れています。

拍手[1回]

激動の一週間

先週末から今週にかけては激動の日々でした。個人的な出来事としては、息子が体調を崩して入院。付き添いで眠れない日々が続きましたが、回復して一安心です。



嬉しかったのは、沖縄県知事選での玉城デニーさんの勝利。権力と金を振りかざし、官邸が総力をあげて県民をねじ伏せようとしましたが、沖縄県民の心を奪うことはできませんでした。



いよいよ来年は、参院選と統一地方選が連続する勝負の年。私がたたかう道議選も半年を切りました。安倍政権の終わりが見えてきたいま、国政でも地方政治でも、自民党政治に代わる新しい政治の流れを広げるために、いまこそ日本共産党を伸ばしたい-。力の源泉となる党員と「しんぶん赤旗」読者を広げる活動でも全力を尽くしてきました。



「地震で断水したとき、声をかけてくれたのは共産党だった」「商売で困ったとき、親身に相談に乗ってくれた」。地域を歩くと、草の根で活動する共産党の姿や政策が、少なくない共感を呼んでいると実感します。そんな方々と力を合わせたい。

対話を重ねるなかで、30代の若い母親が入党を申し込んでくれました。これ以上の喜びはありません。

拍手[1回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
道政・政策委員長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年・学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者
2017年
衆院道小選挙区1区予定候補者(野党共闘のため立候補を辞退)
2019年
道議選中央区選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員、原発問題全道連絡会理事を歴任。
 
家族:妻、子(4歳)

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒064-0805 札幌市中央区南5条西10丁目 TEL:011(512)6661 FAX:011(512)6914