忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

福島の苦しみを絶対に、くり返してはならない

「ストップ再稼働!さようなら原発北海道集会」(さようなら原発1000万人アクション北海道実行委員会主催)が一昨日、札幌の大通公園で行われ、畠山和也衆院議員らとともに参加しました。参加者は道庁付近までデモ行進しました。

全道各地から2,500人が集結。舞台上では、放射線に詳しい専門家らが科学的知見から泊原発の危険性を訴え、運動をリードしてきた方たちが熱く連帯を呼びかけました。



とりわけ、私の心に突き刺さったのは、当事者の声です。道内の自主避難者でつくる「こだまプロジェクト」の代表・宍戸隆子さんが壇上から訴えました。

すべてを奪う原発事故。その苦しみは生涯にわたり、世代を越えて続きます。国の原子力政策が事実上、破綻している状況のもと、終止符を打つ決め手は、やはり福島原発事故の実相ではないでしょうか。

宍戸さんの訴え(概要)にどうか、耳を傾けてください。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私たちの上には放射性物質が降り注ぎます。
子どもたちの頭の上に。大切な友人、知人の上に。
音もなく、臭いもなく。弱冠の鉄の味を感じながら――。

私たちの上に、容赦なく放射性物質が降り注ぎました。

原発事故は、私からたくさんのものを奪っていきました。
将来に対する健康の不安。
安全の意識の違いから、友人とのけんか。
住む場所。(福島)第一原発から8㌔のところにあった私の実家は、今も避難指示区域。
みなさんご存じでしょうか。避難指示区域になったところは、店や民家の取り壊しが始まっています。でも、この国は、2020年までに、ほとんどの地域を避難指示解除をして、人を戻そうとしています。



地震が起きた後の家です。
人が住まなくなったら、直す人がいなくなったら、荒れ果てるんです。
動物が入り込んで、荒らされるんです。もう壊すしかない。
家をきれいに片づけたところに、帰る家がないのに、どうやってみんな帰るんですか。
つい先日、楢葉町で高線量の小さなかけらが見つかりました。
そこで、子どもたちを遊ばせることができますか。
おじいちゃん、おばあちゃんはもちろん帰りたい。帰りたいですよ。
でも、小さな子を連れて、若い夫婦が帰ることができますか。
原発事故は――ここにいるみなさんは、すごく問題意識があって、本当に原発はいらないと思っていると思う――でも、経験していないですよね。
本当にひどいから!

すぐ隣りにいるみなさんと意見が合わなくて、もしかしたら、別れなくてはならなくなるかもしれない。
みなさん。泊(原発)が爆発したら、ここから逃げますか。すべてのものを置いて、ここから逃げられますか。本当にその判断ができますか。
とても難しいですよ。
もしかしたら、大切なお子さん、お孫さんとも別れて、暮らさなければならなくなるかもしれない。恋人とけんかになるかもしれない。
私はみなさんにそんな思いをしてほしくないです。



たくさんのものを失いましたが、私は、北海道でたくさんのものをいただきました。
つい昨日、フェイスブックに、私は北海道を選んでよかった、と書きました。
今、そうそうたるメンバーのなかで、みなさんの前でお話しさせていただいている。

私はただの主婦です。
私は、あのときのことを――原発事故のことを伝えるために、ここに立っています。
どうかみなさん、泊(原発)を止めてください。
私のような目に合わないでください。
そして、今、福島に残って苦しんでいる人を。避難して苦しんでいる人を――表面上は笑っているかもしれない――でも、心の中にあの日から、とても暗い塊を抱えた福島の人、その近辺の人たちのことに、思いを馳せてください。

今日、みなさんと大通を歩けることを、すごく嬉しく思います。
私たちの力で、泊(原発)を止めていきましょう。
全国の原子力発電所を廃炉にしていきましょう。
よろしくお願いします。

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
6 7 10 11
14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp