忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

歴史と運動を受け継ぎ、次代へ

「よし、がんばろう」と、自らの役割に確信がもてる出来事がありました。

ひとつは、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の集会に参加したときのこと。創立40周年を迎えた北海道本部が記念講演とレセプションを行い、日本共産党を代表してあいさつしました。同団体は、戦争と暗黒政治の復活を許さないために、治安維持法の弾圧を受けた犠牲者に対し、国として謝罪し、国家賠償を行うよう法律の制定を求めて運動している全国的組織です。



中央本部の増本一彦会長(元衆院議員)が記念講演。80歳というお歳をまったく感じさせないほど力強く、社会科学に裏打ちされた治安維持法の歴史的背景についてのお話にのめり込み、約1時間半の間、最後まで集中してメモを取ることができました。

とりわけ印象深かったのは、これからのたたかいについてです。運動を担ってきた当事者・治安維持法による犠牲者がほとんどいなくなるなかで、戦前の「闘いと抵抗の歴史」――侵略戦争による加害にも被害にも命がけで抵抗し、国民主権を勝ち取った歴史を再評価し、「日本と世界に平和と人権を確立するために力あわせよう」と呼びかけられました。

増本さんは帰り際、遠くから私に「頑張れよ~」と声をかけてくれました。その太い声はしっかりと耳に残り、心に響いています。

もうひとつは、苫小牧でおこなわれた日本共産党のもみじ祭りでの出来事です。



1,500人を超える市民が参加。18回目を数え、地域に根差した祭りとして、すっかり定着しました。ステージ脇で明るく、温かな雰囲気を醸し出していたのは「若者未来プロジェクト」のみなさんです。

参院選でともにたたかった仲間でもあり、久々の再会に心が躍りました。小さいお子さんを連れたメンバーもいました。あるメンバーがそのお子さんに私のことを紹介してくれました。

「森さんは日本のことを一番、考えてくれている人だよ」



ハッとさせられました。私はそんな立派な人間ではないけれども、支えてくれている同世代の仲間がそんな風に思って、一緒にたたかってくれている――。この思いに応えることができるよう、自らを高めなければと決意をあらたにしました。

粘り強くたたかいを続けてこられた方からバトンを受け継ぎ、新しい世代の方からも学び、時代を切り開く力になりたいと思います。

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp