忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

焦っているのは安倍政権――「戦争法案」を廃案へ!

負けられないたたかいがはじまりました。自民・公明の安倍政権は昨日、「平和安全法制」なる法案を国会へ提出、今国会で成立させる構えです。

歴代の自民党政権でさえできないとしていた「集団的自衛権」の行使をはじめ、海外派兵の制約を取り払い、いつでも、どこでも、侵略戦争でさえ日本が参加できるようになる「戦争法案」にほかなりません。憲法9条を骨抜きにするものです。しかも、法案を国会へ提出する前に、アメリカで「成立」を約束する――戦後最悪の暴挙を絶対に許さず、廃案に追い込むために、全力を挙げたいと思います。



多くの国民のみなさんも法案に「反対」の声を上げている一方で、「わかりづらい」「どう考えたらいいか、わからない」という声も少なくないようです。ある意味、当然のことだと思います。「戦争法案」は全体で11本、400㌻を超えるような分量です。過去20年以上にわたって、数百時間かけて議論してきた、これまでの海外派兵法を、わずか1回の国会で押し通そうとしているのですから。

より根本的には、この法案の論理がすでに破綻しているからだと思います。

歴代の自民党政権は「日本に対する武力攻撃がないもとでの武力行使は許されない」と自ら制約を課してきました。憲法9条をもつ国だからです。ところが「戦争法案」では、わが国の存立が脅かされる「明白な危険がある場合」は、日本に対する武力攻撃がなくても、武力を行使できる。どんな条件をつけたとしても、もう完全に一線を越えてしまっているのです。それを平然とやってのけようとするのですから、混乱する国民がいるのは当然だと思います。



安倍政権は本気でこの法案を通そうとしています。しかし、恐れる必要はありません。つじつま合わせに苦しみ、国民の猛反発が起きる前に実現しようと焦っているのは、安倍政権の方だからです。自衛隊員をはじめ、国民が海外での戦闘行為に巻き込まれ、「人を殺し、殺される」国になってしまうという本質は、隠しようがありません。

ところで、安倍首相は記者会見で、平和国家としての歩みは「『平和、平和』と、ただ言葉を唱えるだけで実現したものではない」とのべました。その通りです。戦後、自衛隊をつくり、一連の海外派兵法をつくっても、海外で「人を殺し、殺される」ことがなかったのは、憲法9条に指1本触れさせてこなかった、私たち国民のたたかいがあったからです。



これまでの積み重ねに確信をもち、さらに広範な国民のみなさんと「戦争法案」を阻止するために力をあわせましょう!

拍手[5回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp