忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

来夏の参院選で北海道選挙区から立候補を決意!――みなさんのご支援を心からお願いします

みなさんにご報告があります。来年夏の参議院選挙で、北海道選挙区から立候補(日本共産党公認)することを決意しました。今日、道庁内の道政記者クラブで、記者発表しました。

参院北海道選挙区からの立候補は前回(2013年)に続いて2回目。2012年の総選挙、今年4月の道議選に続いて4回目の立候補です。前回の参院選では多くの方々に支えられ、27万2,102人の道民のみなさんにご支持をいただきました。

初めて国政に挑戦したときから感じているのは、有権者の代表として立候補することの重みです。もちろん一定の条件を満たせば、誰もが立候補することができるわけですが、実際はなかなかそうはいきません。しかも、日本共産党からの立候補となれば、責任は重大です。力及ばず、バッジを着けることができなくても、有権者のみなさんから託された願いを国政に届けるために、微力ながら活動してきました。



いま、安倍政権の暴走が目に余ります。いうまでもなく、主権者は私たち国民です。しかし、安倍政権は国民の声を聞こうとせず、国民の願いと反対の方向に突っ走っています。民意に背く政治に、未来はありません。

国民の苦難軽減を「立党の精神」に掲げ、日本の民主的改革を提案している党として、一刻も早く、安倍政権を終わらせなければならない。そのために、正面から対決できる日本共産党の国会議員をさらに増やし、参院の北海道選挙区でも必ず議席を勝ち取りたい――。その思いで、立候補の要請を引き受けさせていただきました。

もうひとつ、この時期に立候補を決意した理由は、やはり「戦争法案」の存在です。4月の道議選からまだ2カ月弱。ですが、法案の審議は待ってはくれません。昨日の衆議院の憲法審査会でも、政府与党が推薦した参考人を含めて、全員が「憲法違反」だという認識を示しました。「戦争法案」は、日本国憲法をもつこの国で、あってはならない違憲立法です。アメリカが引き起こす戦争に、いつでもどこでも自衛隊が参戦、支援する「戦争法案」は、廃案にするしかありません。

さらに安倍政権は、来年の参議院選挙の後、改憲を発議することも明言しています。基本的人権を制限し、憲法のうえでも、日本を『海外で戦争する国』にするのがねらいです。アメリカに追随し、戦争への道へ突き進む――安倍政権の暴走にストップをかける一番の力は、日本共産党の躍進です。『戦争する国』ではなく、憲法9条を生かした平和外交で、『戦争を止める国』になれるよう、私、森つねとを国会へ送っていただきたいと思います。

日本をアメリカに売り飛ばすTPP(環太平洋連携協定)や原発の再稼働、「正社員ゼロ」「残業代ゼロ」の異常な社会に変えてしまう労働法制改悪の問題など、課題は山積です。どの問題もいささかも軽視することはできません。

一方で、米軍の新基地建設をめぐる沖縄のたたかいや、『都構想』をめぐる大阪のたたかいに見られるように、住民を挙げた運動が、暴走政治を確実に追い詰めています。「戦争法案」反対の国民的な運動がさらに広がれば、安倍政権にとって致命傷になる可能性があります。歴史の大きな分かれ道に立ついまだからこそ、これらの課題の「一点」での共闘を広げ、安倍政権を倒す先頭に立って奮闘するとともに、国民の声が生きる、新しい政治の実現にむけて、全力を尽くします。

来年夏の参院選では、比例代表の予定候補として北海道・東北地域で活動している、いわぶち友さん共々、国政の場へ送り届けていただきますよう、心からご支援をお願いいたします。

拍手[8回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp