忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

国政との架け橋へ――森つねと活動スタート!

6月5日の記者会見の翌日から、深川→日高→釧根→十勝と、さっそく全道を歩きました。途中から参院比例予定候補のいわぶち友さんと合流。地域の現状について調査・懇談を重ね、「日本共産党をさらに大きくしたい」との思いを強めました。

深川は市議選の応援。14日の投開票で、和田ひでたか、松原かずお両候補が当選し、現有2議席を確保、新旧交代を果たしました!中学校卒業までの医療費無料化を実現し、市民とともにJR深川駅のエレベーター設置を求める運動に取り組んでいる両氏。公正・清潔な市政をめざしてますます活躍されることを期待しています。



日高での行動は、JR日高線の災害現場の調査です。真下紀子、宮川潤、菊地葉子の各道議と視察。同路線は今年1月の高波で護岸などが破損、ほとんどの区間が不通のままで、通学など住民の足に大きな影響が出ています。海岸線に沿って走る日高線は、陸側の崖と、日本海の荒波という厳しい条件のもとで運行していますが、必要な補修が行われないまま老朽化がすすみ、高波で大きく破損したものです。抜本的な対策のためには国の支援も必要ですが、JR北海道には1日も早い全線復旧を求めたいと思います。

日高からその日のうちに釧路へ。それにしても道のりは遠い・・。北海道の広さをあらためて実感します。ここで、いわぶち友さんと合流!いつも明るい、いわぶちさん。元気をもらいます。

釧根地域では、ロシア200㌋水域でのサケ・マス流し網漁の日ロ交渉が難航し、漁業への影響が深刻な問題になっています。もし同水域での流し網漁が禁止された場合、道東経済への影響額は250億円に達するとの試算も出されており、そのうち根室市への影響額は約8割にものぼります。



根室市や漁協、千島連盟のみなさんと懇談。根室漁協の濵松慧祐専務は開口一番、「厳しい状況」だと語りました。「4月~12月の通年で雇用しなければならない。サケ・マスの漁に出られなければ、来年以降、サンマも出られなくなるかもしれない」「原魚がないと、加工業も大変になる」と危機感をあらわに。この間、減船・廃業で組合員が減少の一途をたどっているといい、「もう漁に出られる海面がない。続けることができるか心配」と表情を曇らせました。帰り際、「島が返ってくれば・・」とつぶやいた濵松専務。戦後70年経っても解決していない領土問題が、漁業にも大きな影を落としています。

最終的に、日ロサケ・マス交渉は合意に至ったものの、日本の漁獲枠は前年の3割以下。しかも、ロシアでは200㌋内での流し網漁を来年から禁止する法案が審議されています。安倍政権には、日本の食卓と漁民のみなさんの暮らしを守る立場で、しっかりと交渉にあたってほしいと思います。

釧根・十勝地域では3市5町で、自治体や商工会、農協、漁協、マスコミのみなさんらと懇談しました。とくにTPP(環太平洋連携協定)の問題では、どこでも「国民みんなの問題なのに情報がない」「国会議員すら知らされないのはおかしい」と怒りの声が出され、「(交渉は)妥協しないでほしい」「再生産可能な農業に」との願いが寄せられました。屋内での大小さまざまな「つどい」や街頭宣伝も行われ、「アメリカの労働者からも反対の声が上がっています。多国籍企業だけがもうけをあげるのがTPP。ただちに交渉から撤退を」と訴えました。原発や「戦争法案」に反対する市民団体のみなさんとも懇談し、エールを交わしました。



たくさんのみなさんと意見を交わした今回の行動。とりわけ若い世代のみなさんとの交流は勇気をもらいました。これまで以上に日本共産党への期待も感じています。これからの活動にしっかりと生かしていきたいと思います。

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp