忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

国民の勝利だ!!

比例北海道ブロックで、はたやま和也さん当確!!やりました!!

11年ぶりの議席です。会見場には歓喜の声が響きました。



はたやまさんは、国民運動の高まりのなかで得られた議席だとしたうえで、「安倍政権の暴走を止める責任を感じる」と議席の重みを噛みしめました。

「どんな政治家になりたいか」との問いに、「立場の弱い方、苦しい人に光があたる政治にしたい」「社会保障や原発など子どもたちの最善の利益を守る活動をしたい」とのべ、北海道農業をつぶす自民党農政の転換の必要性についても言及しました。



元衆議院議員の児玉健次さんも同席。北海道の衆議院の議席を失って以来、後継者の誕生を考えない日はなかったと振り返り、「道民の苦しみや平和への願いのあらわれ」だと議席奪還の背景を語りました。



はたやまさんと握手を交わした私。

その手を見て、思わず涙が止まらなくなりました。手には有権者と握手してできたと思われる指の跡が、赤いあざとなってくっきりと浮かび上がっていたのです。

「暮らしや平和を守ってほしい」「子どもたちが希望をもって生きられる社会になってほしい」「政治を変えてほしい」「頼むぞ、共産党」という強い願いが、はたやま和也衆院議員を誕生させました。



日本共産党は全国でも躍進。議席は倍以上になる見込みです。沖縄では赤嶺政賢さんが小選挙区で当確。さらに、1~4区の全県で「新基地建設反対」の共同候補が完勝しました。



自民・公明の安倍政権が多数を握る状況のもとで、日本共産党の役割はこれまで以上に大きくなります。そして、その足がかりとなる議席を得ることができました。

たたかいはこれから。安倍政権を倒し、「国民が主人公」の日本へ――私も日本共産党の一員として、国民運動としっかり結びながら、頑張る決意です!!

(12月15日未明・記)

※最終的には比例で606万票を獲得し、8議席から21議席へ躍進。議案提案権も得ることができました。

拍手[6回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp