忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

「20歳」の誕生日

「20歳」の誕生日を11月30日に迎えました。

もちろん、実年齢ではありません。日本共産党に入党して20年の節目。やっと“成人”としてのスタート地点に立ったばかりというところでしょうか。

入党したのは大学1年生のとき。当時、日本共産党と無縁だった私にとって、日本共産党に入党することは高いハードルでした。96年は日本共産党が総選挙で大幅に議席を伸ばし、「第2の躍進」を開始したときでしたが、「日本共産党を除く」という体制が色濃く残り、「ソ連が崩壊したのだから、社会主義も終わった」という反共攻撃の影響も私自身、強く受けていました。

そんな私が入党を決意することができたのは、大学生活を親身に支えてくれ、政治や社会の疑問についても丁寧に答えてくれた先輩党員の存在があったからこそだと思います。

「自分も誰かを励ますことができる人間になりたい」「微力でも政治を変える力になりたい」と、がむしゃらに走ってきた20年。失敗や後悔は数えきれないし、苦労もあります。けれども、野党と市民の共闘に象徴されるような、新しい時代を切り開く力のひとつになっているとしたら、これ以上の喜びはありません。



先日、札幌市内で日本共産党員を迎えました。戦争を体験した80代の女性です。

とても明るい女性ですが、党支部のみなさんと入党を呼びかけると、「自分にはできない」と固辞されました。話しをするにつれて、その理由がわかりました。

戦時中、国民学校に女性が通っていた頃、牛を飼っている近所の男性宅へ行き牛乳を買うことがあったそうです。すると必ず、「ありがとうございます」と言って、深々とおじぎをされたといいます。「自分のような子どもにも、丁寧に接してくれる大人がいる」と、その後の人生でも強烈に印象に残りました。

戦後になって、その男性は共産党員だったということがわかった女性。それをきっかけに、党への信頼を深め、選挙で日本共産党に投票し続けてきたそうです。「戦争だけはだめ」だという信念も、女性は持ち続けてきました。

「私たちは完ぺきな人間集団ではありません。理想の党員像を追い求めながらも、信念を貫くために党に入り、一緒に成長しましょう」との呼びかけに、快く入党を決意してくれました。

入党の呼びかけには、30年前にも入党を呼びかけた党支部の女性も同席。「30年来の夢だった」と涙ながらに語り、握手を交わしていました。その姿に私も思わず、目頭が熱くなりました。

自分の人生と社会進歩を重ね合わせて生きるのが、日本共産党員の生き方です。私の成長も、社会の発展も終わりはありません。21年目も、自分に限界を設けず、一歩一歩、雪面を踏みしめるように歩き続けたいと思います。

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp