忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

台風被害の復旧・復興は道半ば――救援募金を被災自治体に届けました

全国から日本共産党に寄せられた北海道の台風災害の救援募金目録を届けるため、被災した自治体を先週、訪れました。上川管内の南富良野町と十勝管内の新得町、清水町、芽室町、足寄町、本別町の6自治体で、党道委員会の千葉隆書記長、佐々木とし子衆院小選挙区道11区候補らと訪問。一連の被害から3カ月が経過しましたが、復旧・復興は道半ばで、今後の教訓も浮き彫りになっていました。

寄せられた募金の総額は、308万9052円です。全国のみなさんのお気持ちに胸がいっぱいです。救援ボランティアで活用した分を除き、上記の6町に全額を届けました。



最初に訪れたのは、堤防が決壊し、町の中心部を含めて広範囲に浸水した南富良野町です。被災した直後に訪れたときは、町役場の玄関先まで救援物資の段ボール箱が積み上げられ、職員が受話器にかじりついて町民からの問い合わせに応じていましたが、今回の訪問では一見すると平静さを取り戻しているように見えました。



久しぶりの再会となった池部彰町長は、募金への謝意を述べるとともに、金山ダムが防災の役割も果たせるよう、ダムの底の掘削と強化を訴えました。さらに、「心労で苦しんでいる町民も多い」と心のケアの必要性を述べました。



同じことを語ったのは清水町の髙薄渡町長です。「人間だから心が病む。どう回復させるかが課題だ」と語ります。河川の氾濫で24の橋と80カ所の道路が被害を受け、職員の住宅も濁流に流されました。1級河川への格上げを訴えています。



「こんな災害は私たちも経験がない」。芽室町の宮西義憲町長は、計画高水位(堤防が耐えられる最高の水位)が本州より低く、築堤の強度も弱いことを指摘し、「かつて国がつくった基準を見直してほしい」と要望。農地の復旧限度額の算定基準が本州より大幅に低いことについても改善を求めました。



本別町の髙橋正夫町長は「災害査定には期限があるが、柔軟に対応してほしい」「現状復帰が原則というが、それ以上の場合も災害復旧の一環として認めてほしい」と、同じ災害をくり返さないための復旧工事の必要性を強調しました。



「農家は来年の営農への不安が大きいと思う」と農民の思いを代弁した足寄町の渡辺俊一副町長は、夜間に避難する難しさを指摘。早い段階で自主避難を呼びかけた経験を語り、堤防を超えて河川が氾濫したことから、堤防のかさ上げを求めました。



新得町の担当者も、夜間に避難する難しさを語るとともに、「道管理の河川が溢れるとは」と当時の思いを振り返り、道から事前に連絡がなかったことを明かしました。

ところで、被災地を訪問したのは、JR北海道が大幅な事業見直しを発表した直後でした。見直しによって根室本線がなくなり、町から駅がなくなる可能性がある南富良野町の池部町長は、「JR北海道の発表は絶対におかしい。道もJR北海道一社に任せておいていいのか。JRと沿線の市町村だけの話し合いに任せてよいはずがない」「上下分離を言うなら、『下』は国であるべきだ」と、怒りをあらわにしました。

本別町の髙橋町長も憤りを隠しません。「かつての『ふるさと銀河線』と同じ構図だ。『ふるさと銀河線』も当初、基金を積み運用益も含めて運行資金にあてていたが廃線になった。(今回のJR北海道の発表は)JRの赤字とは別問題だ。(鉄路の存続にむけて)『オール北海道』で声を上げなければならない」。

災害の復旧・復興のみならず、地域を守り、力を引き出すための国の役割はますます重要です。

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp