忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

この子たちのために

道議会議員候補(白石区)の森つねと です。

選挙戦2日目を終えました。

候補カーは毎時間がドラマです。嬉しい出来事、驚くような出来事・・次から次へと予期しない出来事が訪れます。全部紹介したいのですが、とても書ききれません。

序盤戦にもかかわらず、有権者のみなさんから多くの声援が寄せられています。本当に励まされる思いです。一方で、特定の政党からの妨害もあります(ちょっと幼稚だな・・と思う出来事も。同じ土俵で戦いたくないので政党名は書きません。ご想像で)。一言でいうと、間違いなく激戦になっている。最後まで頑張りぬけば逆転勝利は可能だ、というのが実感です。



今日も新聞社のほか、NHKの取材が続きました。

昼食中の撮影、なんてのもあるんですね。フツウに食べるというのが、なかなか難しい(笑)一緒に食事をした乗務員のみなさんが気を使ってくれました。

記者の方から「有権者に訴えたいこと」との質問をいただきました。

テレビ取材の回答はなかなか難しいもので、短すぎてもだめですし、長すぎても、一番言いたかったことを放映してもらえない可能性もあります。

私が訴えたのは、
「戦争に突き進む安倍政権の暴走を止めよう」
「国いいなりの高橋道政を変える絶好のチャンス」
「佐藤のりゆきさんとともに、原発のない北海道をつくりたい」
「補助金をばらまいて体力のある大企業を応援するより、自立したくてもできない非正規の若者を応援する道政に変えよう」
ということです。

余談ですが、NHKのクルーのみなさんはとても腰が低く、私のグダグダな回答にも嫌な顔せずに対応してくれました。トップにいる方は現場の職員の姿勢に学んでほしいと思いました。

今日も一日、心を込めて区内で訴えさせていただきました。

スーパー前では、春休み中の小学生くらいの女の子二人組が私に注目。おじぎをしたら、二人そろっておじぎをしてくれたり、拍手をしてくれたり。嬉しかったなぁ。1票にはならないけれども、話しを聞いてくれる人は誰でも大切にしたいといつも思います。

演説後に駆け寄り、「話しわかった?」と尋ねると、「わかりました」と刺さるほど純粋な目で答えてくれました。

投票できない、この子たちのためにも「戦争する国づくり」は絶対に許さない。決意をあらたにしました。

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp