忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

第2ラウンドは譲らない――たたかいの続きは参院選で

久しぶりに道庁前の反原発抗議行動に参加することができました。思い思いに再稼働反対を語り合うこの行動は、昨晩で195回! 街ゆく人へのアピールとともに、原発の再稼働を許さないという思いを、互いに再確認する大切な場でもあります。

参加した人たちが口ぐちに語っていたのは、衆院北海道5区補選の結果についてです。道庁前行動を主催する北海道反原発連合も脱原発を掲げた池田真紀さんへの支援を呼びかけていました。

「『町村王国』と呼ばれ、保守がものすごく強い地域で大接戦だった」「一度負けたくらいでなんだ」「次は、勝てる」――。参加者の思いがひとつになっていくのを感じました。



野党と市民が共闘し、自民党と対決した初めての選挙です。当初、自民・公明候補の圧勝と言われていたなかで、野党統一候補の池田真紀さんは12,000票あまりまで肉薄しました。自民党は同日投票の衆院京都3区補選で候補を擁立せず、北海道5区補選に力を集中。首相自ら地方議員に電話で支援を要請し、官邸丸抱えの選挙戦を展開しました。

“共産党と手を組むと票が逃げる”という心配の声もありました。与党側はこうした声を最大限に利用し、野党と市民の分断をねらった反共攻撃に終始。破壊活動防止法を悪用した根拠のない答弁書を決定したほか、公選法違反の出所不明の謀略ビラを全戸配布しました。

しかし、こうした攻撃にも微動だにせず、むしろ結束を強めてたたかうなかで、共産党も民進党も支持層の9割以上が池田さんに投票。さらに、無党派層の7割以上からも支持を集めました。5区管内の8つの自治体のうち、4つの自治体では自民党候補の得票を上回りました。「極めて厳しいたたかいだった」(菅義偉官房長官)という言葉に、激戦ぶりが表れています。

野党と市民が力をあわせれば、安倍政権を倒すことはできる――。その確かな手ごたえを感じた選挙戦です。



こんなデータもあります。自衛隊駐屯地がある千歳市や恵庭市で自民党候補は、前回に比べて大きく減票。千歳市では2,000票近く減らす結果となりました。同市は投票率も4%以上も低下。戦争法をめぐって悩んだ末、棄権した自衛隊員や家族が増えたのではないかという指摘があります。一方、ある自衛隊員は出張の前、「池田に入れろ」と妻に言い残して家を後にしたといいます。

選挙の勝敗は全体の得票で決まりますが、1票1票の積み重ねです。一人ひとりの思いや人生が1票に込められています。「海外で殺し、殺される」危険が切迫している自衛隊員や家族が託した池田真紀さんへの渾身の1票を、必ず次につなげなくては。

いま、日本社会の最大の課題は、安倍政権に乗っ取られた憲法を国民の手に取り戻し、戦争法を廃止することです。その大きな一歩を踏み出した衆院北海道5区補選でした。たたかいは、始まったばかりです。



野党と市民がつないだ手はもう離れません。同時に、まだ手をつないでいない多くの無党派のみなさんや、安倍政権の独裁政治を心配する保守のみなさんと一緒にたたかうために、野党共闘の意義や姿をもっと示していくことも大切だと思います。

第1ラウンドの5区補選は、あと一歩の互角のたたかいでした。第2ラウンドの参院選は絶対に勝利したい。戦争法廃止、立憲主義回復の旗のもとに結集した野党勢力をのばしてください。そして、野党と市民の共闘をさらに進化させるために、安倍政権にかわる新しい政府――国民連合政府を提案している日本共産党をのばしてください。北海道からは私、森つねとを国会へ送ってください! 残り2カ月。力の限りたたかいます。

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp