忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

命は「リセット」できない

小池百合子都知事が衆議院の解散前日の27日、「希望の党」を立ち上げました。「日本をリセットするため」だといいます。

リセットするというのなら、安保法制=戦争法の廃止と立憲主義の回復は不可欠です。この問題の解決なしに、安倍暴走政治に終止符を打つことはできません。野党と市民の共闘の原点もここにあります。

しかし、この党にその立場はありません。安倍首相も「安全保障の基本理念は同じ」だと太鼓判を押しています。

安保法制の強行採決から2年。この法律の現実の危険性が高まっています。

先日、北朝鮮の弾道ミサイルを警戒・監視する米海軍のイージス艦に対し、海上自衛隊の補給艦が燃料を給油していたことが明らかになりました。国民の知らないところで安保法制が発動されていたのです。

もし北朝鮮とアメリカが軍事衝突という事態になれば、日本が自動的に参戦することになります。これほど危険なことはありません。



多くのみなさんが北朝鮮問題を心配しています。とりわけ胸を痛めているのは子どもたちです。

街頭演説をしていたときのこと。帰宅途中の小学生が幹線道路の向い側でこちらを注目しています。

「ミサイルが心配でしょう」と問いかけるとうなずく男の子。「戦争を起こさないために頑張ります」と話すと、手で大きくマルのサインをつくり応えてくれました。

国民の命を守るために、北朝鮮問題で外交的解決をはかることはもちろん、安保法制の廃止は急務です。

国会議員の「政治生命」はリセットできても、失われた国民の命をリセットすることはできません。

安倍政権の補完勢力である「希望の党」にも、この党と連携・合流を考えている議員にも未来はありません。

安倍暴走政治を終わらせるためにも、市民と野党の共闘を成功させるためにも、日本共産党の躍進を必ず果たしたいと決意しています。

拍手[8回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp