忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

やっぱり高かった(+o+)

以前にも石油高騰の問題をご紹介しましたが、引き続き関係する団体を訪問しています

道消費者協会では、木谷洋史専務理事が応対してくれました。


(↑ 左が木谷専務です)

「2000年以降、各家庭の灯油の使用量は徐々に下がっています。
けれども、灯油の支出は増えている。一方で、働く人の賃金は下がっています」

「これを見てください」

と言って差し出されたのは、灯油価格の推移のグラフです。



「うわ・・」

最近の負担感、納得です。

ぐんぐん、ぐんぐん灯油代が高騰しています
つい10年くらい前までは、50円程度だったわけですから、倍の値段。

木谷専務からは、石油市場への投機マネーの規制や、
石油商品の価格について、石油元売り各社が説明責任を果たしてほしい、と訴えられました。

続いて訪れたのは、道公衆浴場業生活衛生同業組合。


(事務所には「入浴料金表」が。全道どこでも420円で入れるのも魅力です)

銭湯、いいですよね
「ちょっと疲れたな~」と思ったら、寄ってみたくなります。

「歩いて来られる。近所の顔が見える。これが魅力です」
こう語るのは、同組合の後藤信夫専務理事です。

「独居老人の利用者も多いんですよ。『○○さん、今日来てたかい?』と声をかけ合ったり、
一日会話がなくても、銭湯に来て30分くらい話して帰っていく人もいます」

自分で風呂に入れるけれど、風呂桶を洗う体力が低下している人、
地方を中心に残る風呂がない住宅に住む人など、
銭湯を必要としているさまざまな人たちについても、説明してくれました。

銭湯の主な燃料は重油です
この価格が昨年比、6円30銭高の88.20円/㍑

「今日も、ある銭湯から『毎日の営業は大変。1日おきの営業にしたい』と電話がありました」

各銭湯は、燃料に廃材を活用するなど営業努力を続けていますが、
「冬場は(廃材は)手に入りにくい」状況です。

「入浴者も、所得が上がらないから、夏はシャワーで済ませたり、
冬場は回数を減らしていると思います」

木谷専務の話を聞きながら頭に浮かんだのが、
「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条)の条文。

これがいま脅かされています。

(つづく)

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 5 6
8 10 11 12 13
14 15 16 18 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp