忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

希望を届ける商店街訪問

子どもの頃、近所に一軒の八百屋さんがありました。そのお店の息子さんは同級生で、よく一緒に遊んだものです。自宅を兼ねたお店を訪ねると、お父さんが笑顔で迎えてくれました。
進学で別々になりましたが、あるとき店の前を通ると、日中にも関わらずシャッターが下りたままに。廃業されていたのでした。ちょうど近隣に安売りの大型スーパーが目立つようになっていた頃です。
この間、党支部の皆さんと商店街を訪問するなかで、商売を続けることがいかに困難になっているかを実感します。「ご覧の通りです」とガラガラの店内を案内されるのがつらい。決定的な痛打となるのが消費税10%への増税です。「絶対に困る」「(商売に)影響がある」と口をそろえて言います。

「こういう店はもうやっていけないですよ」と肩を落とすのは、創業40年という老舗の書店。売り上げは下がり続けているといいます。「消費税が上がれば、趣味の分野から(消費が)削られていく」と増税への危機感を訴えました。
ある金融機関の支店長も「取引先の多くは中小零細企業です。10%になれば廃業するところも出てくるでしょう」と話します。私が「増税は絶対にやってはならない。内需拡大こそ必要です」と述べると、深くうなずいていました。
書店の方は「(消費税増税など)物事が勝手に決まってしまう」と憤ります。私は「消費税を増税しない道を示している日本共産党をのばしてもらうことが、増税中の一番の力になります」と握手を交わしました。
党中央が掲げた「650万票以上の得票、現有9議席の倍増」への挑戦。必ずやりとげなければ。

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp