忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

あなたの「共産党」のイメージは何ですか??

新しい「しんぶん赤旗号外」ができました。


片面は、安倍政権の暴走政治にストップをかける対案。

もう片面は、「こんどは共産党かな?でも…」と思っている方への、党の紹介です。

私も、先日の取材で、「中国との関係が冷え込んでいるので、共産党の言葉に否定的なイメージがもたれるのでは?」という質問を受けました。

「共産党」と言われて、パッとイメージするのは何でしょうかemoji

中国や旧ソ連をイメージされる方もいるかもしれません。

私有財産を否定して、平等だけど貧しそう?

民主主義を否定して、一党独裁?

日本共産党は、旧ソ連は社会主義とは無縁な、民主主義と人間の自由を抑圧した体制だったと考えています。

旧ソ連によるアフガニスタン侵攻など、他国への干渉に対して一貫して反対。

ソ連共産党による日本共産党への攻撃ともたたかってきました。

だから、ソ連が崩壊したときには、社会進歩をさまたげる有害物・歴史の巨悪の解体と評価し大歓迎しました。

また、いまの中国に対しては「社会主義に到達した国」とは見ていません。

中国共産党が日本共産党を分裂させようとした干渉作戦をしかけてきたことから、約30年関係がなかった時期もあります。

そして、中国共産党がこの干渉の誤りを認め、関係を回復した1998年の会談では、「言論による体制批判には、言論で対応してこそ、国民に根をはった体制になる」と提起しました。

最近の尖閣諸島問題でも、志位委員長が中国大使と会談し、「尖閣は日本の領土」「冷静な外交で解決を」とはっきり伝えましたemoji

日本共産党が政権をとったら、大企業はつぶすのではとお考えの方はいますかemoji

そんなことは全くありません。

日本共産党は一人ひとりの国民の生活が豊かになることを目指しています。

そのことは、大企業の繁栄にもつながります。

今、日本では一部の大企業と資産家ばかりがもうかる一方で、大多数の働く人々の収入は下がっています。

大企業の内部留保は1998年から2010年で、143兆円から260兆円に。

「不景気だ」と言われている、この数年間も増やし続けています。

その一方で、民間給与の合計は同時期で、223兆円から194兆円へと下がり続けています。

内部留保260兆円のわずか1%を使えば、月1万円の賃上げが可能です。

国民一人ひとりの生活が豊かになれば、企業の商品が売れて、日本経済はよくなりますemoji

日本共産党は政権をとっても、他の政党を認めます。

国会で正々堂々と議論することこそ、民主主義にとって大切です。

先日、このブログでも紹介した、小選挙区「0増5減」の区割り改定法案。

そのときに、まともな審議も行わず、政府与党などが数の力に頼んで法案を成立させてました。

こんな民主主義を破壊するようなやり方は許されませんemoji

国民の意見も大切にします。

選挙で勝ったから、何をやってもいいという姿勢はとりません。

大事な問題については、議論を重ねて、国民の総意で変革を進めますemoji

日本共産党はその名前に込められているように、資本主義でおきている矛盾を乗り越えて、人間の個性が花ひらく未来社会=社会主義・共産主義の社会を目指しています。

もちろん、社会主義の段階にすすむときも、国民多数の合意のもとにすすめます。

私の趣味は写真を撮ることですemoji

最近は、もっぱら撮られることが専門ですがemoji

とくに、人物写真が好きです。

子ども時代には、少林寺拳法や演劇など、いろいろと挑戦してきました。

みなさん、さまざまな趣味や、やりたいことがあると思います。

スポーツが好きな人、音楽が好きな人、本が好きな人、旅をすることが好きな人・・・

誰もが本当はもっとやりたいことがあるでしょう。

そこから、才能が開花して、社会進歩に役立つこともあるでしょう。

こうした一人ひとりの人間がもっている可能性を大切するのが、私たちの目指す未来社会ですemoji

そのためには、もうけ優先の資本主義が生み出す、貧困の問題、長時間労働の問題、環境問題など、乗り越えていく必要があります。

あなたの個性が輝く社会を、日本共産党と、私、森つねとと一緒に実現しましょうemoji

今日は、お昼に女性後援会のみなさんと一緒に宣伝をしました。

日本共産党の強みは、草の根で国民のみなさんと結びついていることです。

この力が、憲法改悪や原発再稼働を食い止める力になっています。

任せて安心、日本共産党。

参院選でこの党をのばして、自民党政治を変えましょうemoji

拍手[9回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp