忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   
カテゴリー「かけある記」の記事一覧

個人の幸せを何より大切にする国に

新しい年を迎えました。正月は久しぶりに実家に戻り団らんすることができました。昨年の正月との一番の違いは、何といっても家族の中に息子がいることです。私の父と母との抱っこの争奪戦にあい、少々戸惑い気味の息子を見て微笑ましく思いました。



さらに嬉しかったのは、息子が笑う顔を初めて見られたこと。おむつを替えるたびに「あ~あ~」と言って、にっこり笑うんです。その姿にみんなが幸せな気持ちになりました。

「ほっかい新報」の新年合併号では、「明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)」のメンバーで「猫耳弁護士」として馴染みがある川上麻里江さんと対談しています。問題意識を共有したのは自民党の改憲草案。とりわけ憲法13条の改悪でした。



人は誰もが生きる価値を持つと同時に、誰とも替えることができない唯一無二の存在です。だからこそ憲法13条で、すべて国民は「個人として尊重される」と規定している。それを改憲草案では、「人として尊重される」と、「個人」を「人」一般に置き換えてしまっています。

「戦争できる国」にするために、立憲主義を破壊し、国民の上に国家を置く安倍政権。戦争をさせないことと、個人の尊厳を守るたたかいは表裏一体です。



日常の暮らしの中にこそ、守るべき平和があります。子どもたち一人ひとりの成長をみんなで喜びあえる国にしたいと、心から思った今年のお正月です。

拍手[3回]

PR

「独裁政治」がもたらすものは

いわぶち友さん(参院比例予定候補)と1週間ほど、戦争法やTPP(環太平洋連携協定)のたたかいで共同を広げるために道内各地を訪れました。あらためて感じたのは、やっぱり現場を歩くことが大事だということ。知っているようで知らないことがたくさんあります。新たな出会いや久しぶりの再会も・・。息子のことを気にかけてくださり、励ましてくれる方もたくさんいました。感謝の気持ちでいっぱいです。



札幌を出発したときはまだ雪が降っていませんでしたが、北上するにつれて雪景色が広がります。キャラバンのスタートはオホーツク管内の紋別市。「赤旗」記者だった頃、TPP問題で何度も訪れた地域です。取材に応じてくれた農家の男性の言葉を今でも覚えています。

「農業がだめになって困るのは都会のみなさんですよ。俺たちは自分らの食べる物はつくれるんだから」

札幌で生まれ育ち、食料をいただく側だった私にとって頭を殴られるような思いでした。



先日、同じことを語る酪農家の男性がいました。TPP調査で畠山和也衆院議員と胆振地域を訪れたときのこと。この男性は私たちの訪問を歓迎していない様子で、「言いたいことはない」と頑(かたく)なでした。

しかし、粘り強く実態を聞くなかで、少しずつ本音を語ってくれます。安全保障や環境の面から食料は自国で生産すべきだということ。安倍政権のもとで農業の展望が見えないもどかしさ。そして、日本の農業が壊滅したとき、「困るのは消費者」だと―。

玄関先でのやり取りでしたが、帰るときは外に出て、私たちの車が見えなくなるまで見送ってくれました。



ある農協組合長は怒ります。「国会決議や(自民党の)選挙公約があったのに、『大筋合意』とは何だ」「民主主義ではない。独裁だ」。今回のキャラバンでも、この言葉を何度も聞きました。農民が支持しないTPPは撤退しかありません。

拍手[4回]

命は、ひとつ

この日をどれほど待ち望んでいたでしょうか。今月初旬、息子が退院しました。初めて触れる、ぴりっと冷たい外の空気に、一瞬とまどう表情を見せながらも、すぐ眠りにつきました。

生まれてから98日。その何倍もの長さに感じました。担当医から状態の説明を受けお礼を述べると、「これからもよろしくお願いします」。超低体重児として生まれた影響は少なくなく、退院後も治療は続きます。医師の力強い言葉に、この子を支えていく決意を新たにしました。

息子をわが家に迎えて以来、生活は一変しました。昼夜を問わず泣き声が響き、困らせます。でもそれは、生きていることの証し。きらきらと命が輝いています。



退院した日の夜―。妻は息子を決して離そうとはしませんでした。命がけでこの子を産み、守ってくれた妻に、心から「ありがとう」を言いたいと思います。

命はひとつしかありません。戦争法を強行し、「やられたらやり返す能力が必要」だと主張する政治家たちは、自分の身になって考えてほしい。「やられたら」それで終わりなのです。だからこそ、もめごとを絶対に戦争にさせない政府の役割が重要です。



戦争法廃止の「国民連合政府」の提案に、どこへ行っても「大賛成だ」「必ず実現してほしい」と反響が寄せられています。共産党への期待もかつてなく大きい。この提案は一党一派のものではありません。国民みんなの力を集めて、実現していきましょう!

拍手[10回]

日本国憲法を国民の手に取り戻そう!

大型連休の「シルバーウィーク」は、いわぶち友さん(参院比例予定候補)と道南方面を駆け巡りました。室蘭でのこと。高齢の女性がアジア・太平洋戦争末期の「艦砲射撃」について涙ながらに語りました。

1945年7月15日、米海軍による1000発以上の砲弾が街を襲い、市内は壊滅状態に。住宅地にも着弾し、この女性の母や妹たちも亡くなったといいます。戦後70年を経ても、心の傷は癒えません。


(↑ 戦争法廃止の「国民連合政府」をつくろうと、各界の方々に呼びかけました)

こうした犠牲のうえに打ち立てられた日本国憲法。これに真っ向から反する立法にも関わらず、黒を白と言い張って、数の力で戦争法を強行した安倍政権を絶対に許しません。

かつてドイツでは、当時最も民主的だとされたワイマール憲法のもと、ナチス・ドイツが合法的に権力を握り、全権委任法で憲法の機能を停止、戦争への道へ突き進みました。


(↑ 街頭からの訴えでは、若いみなさんをはじめ多くの激励をいただきました)

こうした歴史の教訓も踏まえ、日本国憲法第98条には、憲法が「最高法規」であり、これに反する法律等は「効力を有しない」と書き込まれています。権力者によって基本的人権や平和といった普遍的価値が侵されることがないようにするためです。憲法を乗っ取り、戦争法を強行した安倍政権は、独裁政治そのものです。

戦争法を廃止し、立憲主義を取り戻すための「国民連合政府」樹立に日本の命運がかかっています。歴史に学び、新たな歴史を開く大志をもって、この大仕事に挑みたいと思います。

拍手[2回]

「だれの子どももころさせない」

息子の誕生についてご報告させてもらったところ、本当にたくさんの方から励ましの言葉をいただきました。

「お子さんはどうですか」「母親は大丈夫なの」。どこへ行っても声をかけられます。手紙やSNSのメッセージもすべて読ませていただきました。人の優しさをしみじみ感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。

おかげさまで、658㌘だった息子の体重は1600㌘になり、超低体重児に起こる様々な症状を乗り越えました。可能な限り毎日、母親と母乳を病院へ運び息子と面会していますが、耳を澄まさないと聞こえなかった泣き声はずいぶん大きくなり、「俺だって、生きているよ」と主張しています。母親の回復も順調です。



この子がもう少し大きくなったら、どれほど多くの人たちに支えられ育ったかを、伝えてあげたいと思います。

「改憲論者」でありながら戦争法案阻止の先頭に立って奮闘されている憲法学者の小林節さんは、かつて国民を守るためには自衛隊員の犠牲も仕方ないと考えていたそうです。しかし、「恥ずかしながら娘が生まれ、命の大切さを実感」したといいます。



母親たちの「だれの子どももころさせない」を合言葉にしたたたかいは、人類共通の願いであり、これほど強いものはありません。すでに戦争法案の立法根拠は崩れています。私も子を持つ親として、戦争法案廃案へたたかい抜きます。

拍手[1回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
6 7 10 11
14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp