忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

日本国憲法を国民の手に取り戻そう!

大型連休の「シルバーウィーク」は、いわぶち友さん(参院比例予定候補)と道南方面を駆け巡りました。室蘭でのこと。高齢の女性がアジア・太平洋戦争末期の「艦砲射撃」について涙ながらに語りました。

1945年7月15日、米海軍による1000発以上の砲弾が街を襲い、市内は壊滅状態に。住宅地にも着弾し、この女性の母や妹たちも亡くなったといいます。戦後70年を経ても、心の傷は癒えません。


(↑ 戦争法廃止の「国民連合政府」をつくろうと、各界の方々に呼びかけました)

こうした犠牲のうえに打ち立てられた日本国憲法。これに真っ向から反する立法にも関わらず、黒を白と言い張って、数の力で戦争法を強行した安倍政権を絶対に許しません。

かつてドイツでは、当時最も民主的だとされたワイマール憲法のもと、ナチス・ドイツが合法的に権力を握り、全権委任法で憲法の機能を停止、戦争への道へ突き進みました。


(↑ 街頭からの訴えでは、若いみなさんをはじめ多くの激励をいただきました)

こうした歴史の教訓も踏まえ、日本国憲法第98条には、憲法が「最高法規」であり、これに反する法律等は「効力を有しない」と書き込まれています。権力者によって基本的人権や平和といった普遍的価値が侵されることがないようにするためです。憲法を乗っ取り、戦争法を強行した安倍政権は、独裁政治そのものです。

戦争法を廃止し、立憲主義を取り戻すための「国民連合政府」樹立に日本の命運がかかっています。歴史に学び、新たな歴史を開く大志をもって、この大仕事に挑みたいと思います。

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp