忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

自由と民主主義を守れ!!

秘密保護法案をめぐる状況が緊迫しています。

政府は会期末の6日までに法案を強行成立させようとしていますが、絶対に許すわけにはいきません!

日本共産党は、国民の圧倒的な世論の包囲とともに、「慎重審議」の一点で全野党と連携し、廃案に追い込むために奮闘します。

今日の昼、札幌の大通公園で、共産党と社民党との共同宣伝が実現しました。

道内の野党各党に呼びかけ、日程の折り合いがついた社民党が参加されたもの。誠実に対応していただいた社民党に心から敬意を表します。



共産党の西野敏郭道委員長は同法案を「治安維持法と同じだ」と厳しく批判。

社民党は浅野隆雄道連幹事長がマイクを握り、「国民の目・耳、手足を縛るもの」と告発しました。

冷たい風が吹いていましたが、足を止め法案の反対署名に応じる方がたくさんいたのが印象的でした。

短い審議のなかでも、法案の危険性が明らかになっています。

先日は、自民党の石破茂幹事長が市民のデモを「テロ行為」だとブログで公言しました。

これは「うっかり言ってしまった」という失言ではありません。確信犯なんです。

秘密保護法案では「政治上その他の主義主張に基づき、国家若(も)しくは他人にこれを強要」する行為を「テロ」行為だとしています。

石破氏は記者団から「デモ行為は(秘密保護法案の)定義されると考えるか」とあらためて問われ、「強要されればそうだ」と答えています。

憲法で保障された表現の自由とテロを一緒くたにして敵視する発想自体が大問題ですが、単に石破氏の個人的な見解を述べたのではなく、法案の中に発言の根拠がある――国民弾圧法としての危険性が浮き彫りになっています。

一方で、石破氏の発言は、秘密保護法案に対する世論と運動の高まりへの恐れでもあります。

道新の世論調査では、同法案に「反対」が65%まで上昇し、圧倒的多数の道民は「慎重審議」を求めています。

政府はこの声を恐れている。そして、国民の声を封じ込め、戦争への道へすすむのが秘密保護法案です。

この記事をお読みのみなさん。

ぜひ地域での反対運動を最大限、強めるとともに、自民・公明の両党に、電話やファクスなどを通じて抗議の声を届けてください!

私も最後まで頑張ります!

(12月4日付けフェイスブックより)

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
6 7 10 11
14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp