忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

畠山和也議員、始動!!

怒涛の一週間が終わろうとしています。

今週も畠山和也衆院議員と行動しました。十勝での酪農調査から始まり、その足で上京。24日から始まり、昨日終了した特別国会では裏方として、お世話をさせていただきました。



どれも初体験ですが、新人の畠山議員にとっても初めてのこと。いつもはどっしり構えている畠山議員もさすがに緊張した様子です。側にいる私が緊張しているのですから、本人の重圧は相当なものだと思います。それほど、国会議員の役割は大きいと実感します。それでも、恐ろしいほどに次々入ってくる日程をしっかりこなされている姿を見ていると、「やっぱり、国会へ送り出すことができてよかった」と嬉しくなります。



21議席に躍進した衆院の日本共産党国会議員団。これまでは17の常任委員会のうち、6つは空白でしたが、これからはすべての委員会に委員を出せるほか、11の委員会では複数の委員を配置することができるようになりました。



畠山議員は農林水産委員会と震災復興特別委員会。農水委員会も空白の委員会でしたが、一気に2人の党議員が委員になりました。農業王国・北海道の議員として、これまで参院では紙智子議員が奮闘していましたが、衆院でも道民の声を届けることができるようになりました。さっそく、年明け早々に質問の機会があり、準備を開始しています。



党の国会議員団総会で山下芳生書記局長は「『共産党を伸ばしてよかった』『次はもっと伸ばしたい』と、より広い国民に実感してもらえるように、お互いに頑張ろう」と激励。安倍政権の急所を突く論戦と、あらゆる分野での国民との共同を発展させて、「安倍政権の暴走を国民とともに包囲していこう」と呼びかけました。

国会日程の合間をぬって、畠山・紙両議員は内閣府を訪問。山谷えり子防災担相に大型低気圧による高潮被害を受けた根室市の実態と、国の支援を求める緊急要請を行いました。



畠山議員は、被害を受けた商店は資金繰りが困難になり、「このままでは廃業」という声が出ていることや、ライブハウスの機材の多くが使用不能になり、「地域に貢献したいという気持ちもあっただけに、(関係者は)がっかりしている」と、実情を伝えました。

山谷防災担当相は「迅速な対応をしながら、元の生活に戻れるようにしたい。廃業などは避けたい。被災者に寄り添って、支援を考えていきたい」と述べました。

スタートした、畠山和也議員の活動。国会へ送り出した私たちも知恵と力を絞り、それぞれの持ち場で頑張り、支えていきたいと思います。

拍手[5回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp