忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

「現場力」を実感――日本共産党の地方議員と道開発局交渉

北海道開発局を22日に訪ね、地域の要望を伝え交渉しました。毎年行っているもので、日本共産党の地方議員と参加。地域に根差して活動する議員のみなさんが力を発揮しました。



ある町の国道沿いには、カーブの所に駐在所があります。万一の事故に備え、設置してあるガードレールの強化を求めました。

「警察官の家族も住んでいる。ぜひ強化してほしい」と町議。それに対し開発局側は、ガードレール設置以降、強化を要する事故が発生していないことを挙げて難色を示しました。

この要望には理由がありました。付近のカーブでバイクやトラックが突っ込み、ガードレールが大破したことがあったのです。町議がこうした事例も紹介しながら再考を促すと、開発局側は「(ガードレール破損の)可能性があるのであれば検討したい」と踏み込んで回答しました。



歩道橋の階段補修を要望した別の町の議員は「5~6段目の傷みがひどく、歩くとボコボコへこむ。通学路にもなっていて、町民から『何とかならないか』との声が上がっている」と具体的に指摘。開発局側は「歩行に支障があるのであれば、すみやかに補修したい」と述べました。

さらに、防波柵や防雪・防護柵の設置、道路や橋の拡幅、錆びにくい凍結防止剤の開発・普及、漁港の耐震化などについても要望しました。現場を見て、地域住民の声を直接聞いているからこそできる交渉。地方議員の役割をあらためて実感しました。

道内各地で一連の台風による大きな被害が発生していることを重視し、引き続く情報提供をお願いしました。

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp