忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   
カテゴリー「その他」の記事一覧

あなたの一票は、きちんと国会に反映されていますか?

昨日、衆院小選挙区の「0増5減」区割り改定法案が、衆院本会議で自民・公明・維新の賛成で成立しました。

参院で60日経過しても採決されなかったことを受け、再議決されたものです。


政府・与党は法案をわずか一日で衆院を通過させ、参院では自公両党と、民主党など一部野党の党略的な駆け引きのために、質疑も採決も行われませんでした

選挙制度は民主主義の土台です。

数の力を頼んで一部の党だけで決めるなど、許されることではありません

区割り法案が出された直接の原因は「一票の格差」の問題があり、全国の裁判所で違憲判決が出されたからです。

昨年の総選挙で、小選挙区の「一票の格差」は2.43倍もありました。

私がたたかった北海道小選挙区3区も、有権者が最小の高知3区と比べて2.2倍ありました。

居住地の違いで一票の価値が異なることはあってはなりません。

しかし、今回の区割り法によっても「一票の格差」は2倍近く残るのです

そもそも、小選挙区制度は民意を大政党有利にゆがめる欠陥があります。

昨年の総選挙では、自民党は小選挙区で4割台の得票で、8割の議席を占めました。

議席に反映されない投票=「死票」は過去最高の3730万票

小選挙区で投票された半分以上の票が、「死票」になってしまいました。

昨年の総選挙での日本共産党の小選挙区での得票の合計は470万票でしたが、一票も生かされませんでした。

これでは、国民の声が国会に届きません!

小選挙区制度は廃止し、民意を正確に反映する制度へ抜本改革することが必要です!!

480の衆院の議席を維持し、全国11ブロックに分けた比例代表制にすれば、民意が議席に反映され、さらに「一票の格差」は最大でも1.03倍に縮まります。

民主、みんなの両党は今回の採決では反対に回りましたが、民意をさらに削る定数削減が足りないというのが理由です。

有権者から選ばれる国会議員が少なくなれば、それだけ、国民の声が政治に反映されなくなります。

日本の国会議員は多いとよく言われますが、日本では人口17万人に対して議員一人、一方、イギリスでは人口9万人に対して議員一人。

その他の先進国と比較しても、日本の国会議員数は国際的にも数が少ないのが実態です。

「身を削る」というのなら、日本共産党以外の全ての政党が受け取っている政党助成金(320億円)こそ廃止すべきです。

「議員は居眠りして、仕事してないじゃないか」とか、議員は仕事をしていないというイメージを持っている方もいるかもしれません。

日本共産党の議員は質問回数もトップクラス。

質問内容も大企業を実名で告発するなど、他党には出来ない国民の利益にたった仕事をしています。

得票が議席に正確に反映されれば、日本共産党の議席は本来、もっと多くなります。

選挙制度をあらため、あなたの願いを国政に届ける確かな力、日本共産党の議席を増やしましょう

拍手[4回]

PR

勝利への決意を固め合った事務所びらき

 いよいよ、参議院選挙公示まで13日。

 今日、事務所びらきをおこないました。

 私の友人、モノノケユースケさんが原発ゼロへ願いを込めて歌ってくれました。

 ジーンと来ます

 中学校時代の恩師から励ましのメッセージをいただいたり、参加していただいた多くの方に励まされました

 いろんな人に支えられているんだなぁ、と心から思いました。

 私からも決意のあいさつをしました。
 

 北海道を回って聞いてきた、くらしで困っている声、政治を変えてほしい願いを、思い出します。

 96条改定をとっかかりに進めようとされている憲法改悪。

 公約破りのTPP交渉参加。

 大企業・資産家へのバラマキで、庶民の暮らしと中小企業の経営を圧迫する「アベノミクス」。

 未来ある青年を苦しめるブラック企業と、サラ金化する奨学金。

 暴走する安倍自公政権への怒りと、その政治にまっこうから対決する日本共産党への期待が寄せられています。
 

 あなたの願いを政治に届けるために、紙智子参議院議員・木村けんじ比例予定候補といっしょに、私も先頭にたって全力でがんばりぬきます
 
 
 ツイッターも新しくはじめました。よろしければ、ぜひ、フォロワーになってくださいね

拍手[7回]

これで訓練再開とは拙速だ

 今日も矢臼別演習場の事故について

 米軍が明らかにした事故原因は、一言で言うと「照準ミス」だそうです。

 そのうえで北海道防衛局から、地元の調査結果と再発防止策を伝えて謝罪し、「周辺4町の理解が得られれば訓練を再開したい」と表明したそうです。

 もう再開、ですか

 事故は単純なミスだから、再教育で乗り越えられると、防衛省幹部は語っていると言います。

 何だか「ごめん、ごめん」と軽くいなされてるような感じです

 演習場外に着弾したと、周辺自治体に連絡が来たのは4時間後でした。
 

 落ちた場所を確認する時間が必要としても、まずは「予定地に着弾しなかった、演習場外に出た可能性あり」と伝えられたのではないでしょうか。

 これまでの野火・山火事でも「情報が出るのが遅い」「何か隠しているのでは」と、地元からは批判の声が上がっています。

 別海町の水沼猛町長も「安全確保が確認できるまでは了承できない。これで訓練が再開されるとしたら拙速だ」と語ったそうです。

 まったく、そのとおり

 これまで地元が受けてきた不安や痛みを考えれば、拙速な訓練再開はしてならないし、中止することが一番の解決策ではないでしょうか。

 米軍のことも、TPPのことも、自民党政権はアメリカにモノ言う態度を取れません。

 日本国民が受けた痛みを、日本政府が代弁しないで、どうするんですか

 政治を変えなければなりません

拍手[4回]

参院選の争点はやっぱり「自共対決」

 札幌市で志位和夫委員長を招いた演説会は、定席2300人を超える方が足をお運びいただきました。このブログでも感謝申し上げます。

 舞台裏では、こんな感じで最後まで本番に備えています
 

 私からは、街頭宣伝で出会った男性のお話、原発事故で避難してきた方の思いなども紹介して、このような願いに背く安倍政権に立ち向かうため、選挙区でも勝利させてほしいと訴えました。
 

 紙智子参議院議員も、TPP問題を中心に「また国会で働かせてください」と、迫力ある訴え。

 何としても比例5議席獲得へ、北海道でも私が先頭に立ってがんばります

 そして志位和夫委員長。

 アベノミクス、原発、TPP、憲法と歴史問題‥‥どの問題でも「自共対決」が争点であると話されました。

 北海道から政治を変えられる――私が全道を回って実感してきたことも、整理されたような気がしました。

 政策も、日ごろの活動も、これまでの歴史も、丸ごと日本共産党のことを知ってほしいですね
 

 演説会を終えて握手に行くと「演説良かったよ!」「私もがんばるからね」と、次々参加された方の笑顔に出会いました。
 

 公示予定日までは、あと25日となりました。

 緊張感と「がんばるぞ」との思いが、高まっています

 演説会後も、脱原発候補の話を聞く会が開かれたのですが、その模様は明日にでも!

拍手[10回]

「安全な再稼働」って、あるんですか

 フェイスブック始めました! 始めた途端に「友達」「メッセージ」が、次々と

 全道で会えない方も多くいますので、ぜひフェイスブックでも交流しましょうね

 さて今日は、昨日に続き地方議員のみなさんと交渉です。

 行った先はJR北海道、道開発局、副知事、知事室長、北電、道防衛局‥‥分刻みのスケジュールです。
 
 ( ↑ 写真は道庁での要請風景です)

 JR北海道では、地域住民の方も一緒に。

 知事室長へは、全道の女性地方議員のみなさんと橋下発言を許さない、道知事としての対応を求めました。

 そして次に向かった先は北海道電力。

 真下紀子道議、菊地よう子さん、はたやま和也道政策委員長と、電気料金値上げや再稼働問題で申し入れです。
 

 まずは北電の言い分を聞いてみましょう。

 「緊急安全対策に加え、防潮堤や免震重要棟の建設、そして新規制基準への的確な対応で、一日も早く再稼働することが基本です」

 え?

 「ですので、原発を廃炉とした試算はしていません」

 電気料金については、真下道議からの話もあり、原発の維持管理や安全対策などもあり費用がかかる、ということを事実上、認めました。

 原発があるから、高コストなんですね

 私からは「これだけ道民の反対が多いのに、なぜ再稼働しようというのか」と問いただしました。
 

 「エネルギーセキュリティや環境の観点からも、一定の割合で原発を稼働させることが必要だと考えます」

 7月の新規制基準を待って、急いで再稼働したいという姿勢をハッキリと感じました。

 「再稼働先にありき」です

 電気料金の値上げも、原発存続の方針を堅持するから莫大な経費が北電にもかかるし、道民負担も続くことになります。

 原発存続だから、自然エネルギーの普及も進みません。

 だから必要なのは、原発即時ゼロの政治決断です

 福島から避難してきた方から聞いたお話を思い出します。

 みなさん口々に「事故がなかったら」と話されます。

 過酷事故が起きてからでは遅い

 泊だって、過酷事故が起きないとは限らないはずです。

 「新規制基準では、炉心損傷に至らないまでの対策強化もはかられている」との回答でしたが、みなさんは納得されますか?

 福島の人は、誰も納得しないと思いますよ

拍手[8回]

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp