忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

被爆国の国民として


今日は68年目の終戦記念日です。

紙智子参院議員、畠山和也党道副委員長とともに、大通公園で街頭宣伝を行いました。

2000万人を越えるアジアの人々、310万人の国民が犠牲となった、日本軍国主義による侵略と植民地支配。

この痛苦の反省のうえに立って、日本国憲法に「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」と決意を書き込みました。

いま、安倍政権は、戦後の出発点となった日本国憲法をなきものにしようとする策動を強めています。

アメリカと海外で戦争できる国にするために「集団的自衛権」行使のための憲法解釈の変更や、戦争放棄を宣言した憲法9条を根本的に変え、自衛隊を「国防軍」にしようとする動きは、話し合いによる紛争の解決をめざす世界の流れにも逆行するものです。

私は「戦前の暗黒政治の時代にも侵略戦争反対を貫いた政党として、『戦争する国』にしないために国民のみなさんとともにたたかいます」とのべました。

昨年も同じ場所で宣伝を行いましたが、がらりと雰囲気が変わっていました。

お盆休みで人通りは多くなかったのですが、激励が多い。

「あなたに投票しました。自民党の暴走を食い止めてください」

ある年配の女性が帰り際に声をかけてくれました。

少なくない方々が、時代に逆行する自民党政治に危機感を抱き、日本共産党に抑止力としての期待を寄せていただいています。

この期待に応え、ますます国民の中に根付いた党をつくるために、力を尽くしたいと思いました。

写真は原水爆禁止世界大会に参加したときに、長崎の平和祈念像前で撮影した写真です。



人間らしく死ぬことさえ許されなかった、広島・長崎の被爆者。

生き残った被爆者の語る一言一言に息を飲みました。

戦争による被爆を体験してしまった唯一の国・日本の政府が、アメリカを気にして正面から核兵器廃絶を言えないことに怒りを覚えました。

人類とは共存しえない核兵器を世界からなくしていくために、被爆者から聴いた実態を伝えていきます。

(8月15日付けのフェイスブックより)

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

12 2017/01 02
S M T W T F S
2 3 5 6 7
10 11 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp