忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

衆院法務委員会で強行採決!

今日、午後1時10分ころ、衆院法務委員会で「共謀罪」法案が可決しました。

正確に言えば、可決した「らしい」。街宣の合間、リアルタイムで中継を視聴していましたが、状況がよくわからないほど急展開で、抗議する野党議員らの怒号が響き渡るなかでの強行採決でした。約束されていた安倍首相の出席もありませんでした。



賛成したのは自民、公明、そして維新。修正案の賛成討論に立った維新の丸山穂高議員は「委員長、もういいでしょう」「もう30時間も審議した」などと叫び、質疑打ちきりを求めるとともに、野党批判を繰り返しました。

冗談じゃない。最後の討論を冷静に聞いているだけでも、テロ対策とは関係なく、思想・良心の自由を侵害し、広範な市民がターゲットになる懸念はまったく払拭されません。これで質疑を打ち切るのは国会の自滅行為です。



今日も終日、札幌西区の街頭から「共謀罪」法案の廃案を訴えましたが、激励が相次ぎ、日増しに同法案の危険性が広まっていると実感します。

おとといは、早朝に南区の真駒内駅頭で、昼からは中央区の大通公園で民進党と市民のみなさんとの共同の街頭宣伝を行いました。

朝昼とも民進党の衆院1区予定候補の道下大樹と訴え、中央区では村上裕子市議も。もちろん、共産党の小形香織市議も一緒です。神保大地弁護士とともに、それぞれが力強く「共謀罪」を許さない決意を語りました。



政府・与党と維新は23日の衆院本会議で採決し、参院に送りたい考えですが、あり得ないことです。

安倍政権は当初、連休前の衆院通過もねらっていましたが、国会論戦と運動の広がりのなかで阻止しています。野党と市民がしっかりとタッグを組み、急速に運動を広げて必ず4度、廃案へ!私も全力で頑張ります。

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 5
6 7 10 11
14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp