忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

戦争への道――秘密保護法案は廃案以外にない!

全力で止めないといけない法案が国会に出されています。

秘密保護法案です。

外交・軍事から原発に関わる情報まで広範な行政情報が「特定秘密」とされる秘密保護法案。安倍首相は「国民の安全の確保」のためだと言いますが、国民の目・耳・口をふさいで基本的人権を踏みにじる「国民弾圧法」であり、独裁国家への道です。

秘密保護法案が恐ろしいのは、国民は「何が秘密かも秘密」であること。自分が接した情報が「特定秘密」かどうかもわからないまま、ある日突然処罰されるということが起こるわけです。

「秘密」を指定するのは「行政機関の長」。首相や外務大臣、防衛大臣、警察庁長官らの勝手な判断で、政府にとって都合が悪い「秘密」の範囲を、いくらでも広げることができます。

秘密の期間もいくらでも更新することができ、永久に「秘密」にしておくことが可能です。

情報を漏らすだけでなく、情報を得ようとする行為も処罰の対象です。最高懲役は10年。

先日、福島第一原発の事故収束にあたっていた作業員が、汚染水貯蔵タンクの開口部をガムテープで目張りしていたことを「しんぶん赤旗」の取材に応じ告発しましたが、「テロ活動防止」の名目で「特定秘密」にされれば、告発した作業員も取材した記者も処罰されてしまうのです。

公務員や民間人だけではありません。国会議員も対象です。「国権の最高機関」であるはずの国会も、行政府の監視下に置かれます。「特定秘密」は、国会が要求しても「秘密会」でしか情報は提供されません。

例えば、そこで日本共産党の紙智子議員が、国民生活に関わる重大な情報をキャッチし、それを大門みきし議員や秘書に話せば、それだけで紙議員は逮捕されてしまう。国家議員も懲役5年の処罰を受けることになります。こうなれば、もはや国会議員は、国民の代表として行政をチェックする役割は果たせません。国会は戦前の大政翼賛会と同じになるでしょう。

なぜ、このような危険な法案が急浮上してきたかー。

安倍首相は、日本版NSC-国家安全保障会議の設置と一体に、秘密保護法案を成立しようとしています。

日本版NSCでは、アメリカと軍事戦略・情報を共有するために、アメリカ並みに厳しい軍事情報保護の体制が必要になります。

つまり、秘密保護法案とは、アメリカに協力し、海外で戦争できるようにするための法整備なのです。

10月3日の日米安全保障協議委員会(「2プラス2」)では、日本の集団的自衛権行使への検討とともに、「情報保全が同盟関係における協力で死活的重要」だと確認。米側は秘密保護法制定の動きについて「日本の真剣な取り組みを歓迎」すると評価しています。

戦前、一部の政府の人間だけが軍事に関する情報を独占し、国民は知ることも、知ったことを誰かに伝えることも許されませんでした。

戦争に反対する日本共産党員をはじめ国民を逮捕・投獄し、文字通り、国民の目・耳・口をふさぎ、戦争への道へ突き進みました。

民主主義の根幹である国民の「知る権利」はこの教訓から生まれたはずです。絶対に、戦前の暗黒政治の時代に逆戻りさせてはなりません。

国民の自由と民主主義を破壊する悪法に対し、日弁連や日本ペンクラブをはじめ、多くの国民が反対の声を上げています。共同通信の世論調査でも、法案に「反対」が過半数を超えました。

日本共産党は、稀代の悪法を廃案にするために、今日から3日間、全国いっせい宣伝に取り組んでいます。



ご一緒に、民主主義破壊の悪法を許すなの一点で力を合わせましょう。日本共産党中央のホームページでは、署名つきのビラもアップされていますので、ダウンロードして広げてください!

(11月3日付けフェイスブックより)

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp