忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党道政・政策委員長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ道政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

反戦・平和、ブレない日本共産党――私の生き方そのものです。

道議会議員候補(白石区)の森つねと です。

選挙戦は4日目。中盤戦に入りました。今日もたくさんの声援をいただきました。候補カーで移動中、アナウンサーがスポット原稿を読むのが大変なくらい、歩行者の方が次から次へと手を上げてにっこり。まさに「嬉しい悲鳴」です。みなさん、本当にありがとうございます。

期日前投票をされる方もずいぶん多いようです。車の中から投票券を握った手がニョキっと出たかと思うと、「入れるよ~」と声をかけてくれた方も!



必ず期待に応える結果を出さなければならないと身が引き締まります。「あと一歩」です。この記事をご覧のみなさん、どうかお一人、お二人と、ご支持を広げていただきますよう、よろしくお願いいたします!

――私、森つねとは、1978年1月20日、札幌で産声を上げました。
元気な男の子でしたが、他の子と少し違ったのは、体が小さいということ。子どもの頃はよくバカにされました。そのたびに悔し涙を流し、「差別はおかしい」「弱い立場の人を助けられる人になりたい」という思いを強めていきました。



北都中学校では演劇部に所属。チェルノブイリ原発事故で命を落とした家族を演じたことが、「原発再稼働反対」の原点です。しだいに政治に関心を持つようになり、自民党政治では国民の声が生かされていないと感じるように。

悶々とした思いで大学に入学し、偶然出会ったのが日本共産党の先輩でした。そして、戦前の暗黒時代、日本共産党が「侵略戦争反対」「国民主権」を貫き、今の日本国憲法に実を結んだことを知りました。



「自分もこういう生き方をしたい」と入党。以来、20年近くにわたって活動してきました。くらしと命を守るために決してぶれることなく、国民とともに自民党政治を変えていく日本共産党は、私の生き方そのものです。

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
道政・政策委員長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年・学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者
2017年
衆院道小選挙区1区予定候補者(野党共闘のため立候補を辞退)
2019年
道議選中央区選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員、原発問題全道連絡会理事を歴任。
 
家族:妻、子(4歳)

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒064-0805 札幌市中央区南5条西10丁目 TEL:011(512)6661 FAX:011(512)6914