忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

“生き方”励ます日本共産党

白石区の新日本婦人の会の有志でつくる日本共産党後援会が先週末の土曜日、「日本共産党を知る会&餅つき」を行い、私もお邪魔してきました。

こちらの後援会とは、昨年の衆院選以来のお付き合いです。顔なじみのみなさんと再会することができて嬉しくなりました。

参加したのは30代のお母さんが中心で、それぞれ小さなお子さんを連れての参加です。会場は終始賑やかでした。

餅つきが始まると、子どもも大人も一緒に餅をこねました。自分がつくったお餅を私にくれたのは2歳の男の子。衆院選のときから応援してくれている、たぶん最年少の“支持者”です♪



「ありがとう」と言って受けとると、にっこり笑って次から次へと届けてくれました。全身粉まみれになりながら作ってくれたお餅です。どんなに形がいびつでも、多少汚れがついていたとしても、決して残したりしてはなりません。

知る会では、この間の情勢について話をさせていただきました。沖縄・辺野古への米軍基地移設の押し付けや秘密保護法案の成立強行、安倍首相の靖国神社参拝など、安倍政権が戦争する国へむけて暴走するなかで、国民とともに暴走を食い止めるために奮闘する日本共産党の活動を紹介しました。

そのなかで、一人の女性が日本共産党への入党を決意されました!

この女性は、秘密保護法案の強行採決の様子を見て、悶々とした思いを抱いていたと言います。消費増税など庶民増税への不安もありました。

女性の小さな一歩が、新しい日本への大きな一歩につながっていく――本当に嬉しく思いました。

もうひとつ、嬉しいことがありました。

この女性は入党を決意する前、「森さんに協力できれば」と話したのですが、そのとき昨年入党された別の若い女性が「そんな気持ちでは長続きしないよ」と、少し強い口調で指摘され、入党することは「生き方の選択」だと強調されたんです。

あとで聞くと、入党を決意された女性は、生活に困難さを抱えながらも懸命に子育てをされている方だそうです。そのことをこの女性党員は気にかけていました。強い口調の裏には「強く生きてほしい」という願い、そして同じ母親として「一緒に頑張ろう」という気持ちが込められていたように思いました。

互いを高め合うことを大切にしながら、政治と社会を根底から変えようと手をつなぐ日本共産党の人間集団。また好きになりました。

(12月30日付けフェイスブックより)

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp