忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

自然豊かな北海道に、原発は似合わない

今日は、志位委員長や紙智子比例候補と一緒に、旭川と札幌で街頭演説会を行いました。

その後、道庁前の反原発行抗議行動へ。

私は「しんぶん赤旗」の記者時代、毎回取材をさせていただいていました。

そのなかでも、記憶に残る取材があります。

初めてこういう抗議行動に参加したという、18歳の女子学生。

自作のプラカードを持つ手がかすかに震えていました。

「被災者のために力になりたい」と、勇気を出して参加していたのです。

「一人でも声をあげたい」と行動するその姿に、心を打たれました。

この市民の運動が、2年目に突入しました。

国も道も北海道電力も、この声に耳を傾けるべきではないでしょうかemoji

泊原発が稼動していなくても、道民の節電の努力もあり、今年の厳しい冬も電気不足にはなりませんでした。

泊原発の必要性がないことが、事実によって証明されています。

「原発を再稼働しないと電気代が高くなる」という「脅し」もされています。

でも、実際には原発があるからこそ、その維持費などで電気代が高くなるのです(以前掲載の「原発のない北海道をつくりたい」も参照してください)。

原発なくして電気はどうするの、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私、森つねとは、自然エネルギーの普及にこそ、力を入れるべきだと考えます。

日本のエネルギー自給率はわずか4%です。

食料もエネルギーもこのまま海外に依存していてよいでしょうかemoji

日本には豊かな自然があります。

とくに、北海道は太陽光・風力・木質バイオマスなど、自然エネルギーの宝庫ですemoji

道内の自治体のなかには、自然エネルギーを利用した先駆的な経験が生まれています。

こうした経験にも学びながら、「原発なくして大丈夫?」ではなく、「原発なくしてエネルギーをどうまかなうか」と議論し、知恵を集めることが大切だと思います。

日本共産党は、自然エネルギーの普及について、北海道として目標を持ち、10年で20%、20年で40%にすることをめざします。

その実現に向けて、国が後押しする政策を求めます。

ドイツでは自然エネルギーの普及がはかられ、エネルギーに占める割合を増やしています。

「自然エネルギーは供給が不安定」とも言われていますが、多様なエネルギーを組み合せ、分散させることで、安定化させることができます。

自然エネルギーの開発は、それぞれの地域が、それぞれの地域の自然条件を活かしたものになります。

だから、地元の中小企業が仕事をする機会が増え、雇用も増えます。                                                                                                                                                                                                                    

いままで石油などを買ったら、地域の外にお金は流出していました。

それが地域の中で循環して、地域経済を豊かにします。

自然エネルギーを普及するうえで、一番障害になっていることがあります。

自民党の原発推進政策です。

即時原発ゼロ――原発の再稼働をしない政治決断こそ、求められています。

福島原発事故を体験した日本だからこそ、自然エネルギーの先進国になりましょうemoji

「原発ゼロ」への願いは――

北海道選挙区は、森つねと。

比例代表は、日本共産党とお書きいただき、託してくださいemoji

拍手[8回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(1歳)

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp