忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

暮らしの中で「原発ゼロ」

最近はなかなか機会がないのですが、街をぶらぶら歩くのが好きです

「ほぉ、こんな物が売られているんだな~」
「新しい店ができたな~」

と何を買うでもなく、見て回るだけで楽しいものです

先日、あるデパートの中の雑貨屋にフラっと入ったときのこと

メッセージ性が強い言葉が目に飛び込んできました。

「脱原発」

思わず、二度見してしまいました。

何かのイベントや商品をアピールするわけでもなく、
レジのそばにさりげなく、「脱原発」と書かれた紙切れが貼られていたのです

この店の店主はどんな思いでこの紙切れを貼ったのでしょう。

「原発再稼働反対」「即時原発ゼロ」を一貫して訴えてきた私としては、
思わぬところで思いを共有でき、嬉しくなりました

選挙区候補になって札幌を離れることが多くなり、
道庁前の反原発抗議行動に参加する機会が減ってしまいました。
広い北海道、やむを得ないことなのですが・・ちょっと悔しい

この「脱原発」の紙切れを見て、
日常の生活、私で言えば候補活動の中で、しっかり訴えることが大事だとあらためて思いました。

さっそく11日、街頭宣伝に参加しました


(↑ 中央で訴えているのは道労連事務局長の出口憲次さん。いつも力強いです)

東日本大震災、福島原発事故が発生した「3・11」に合わせて、
道原発連、国民大運動道実行委員会、道労連のみなさんが毎月11日に
震災復興と原発ゼロを訴えているものです。

若い人も足を止めて、署名に応じていました。

私もマイクを握り、
「被災者のみなさんが、将来に希望を持って生きていけるようにすることは、
いま政治が最も力を入れて取り組まなければならない課題」
と述べ、生活と生業を支える公的支援の必要性を訴えたほか、

「原発事故は何も解決していない。安倍自・公政権は原発事故の『収束宣言』をただちに撤回し、
『安全・安心の福島』を取り戻すまで、国と東電の責任においてすすめるべきです」
と語りました。

みなさんも一緒に、暮らしの中で、できるところから
被災者支援、原発ゼロをアピールしていきませんか

拍手[5回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 7
8 9 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp