忍者ブログ

もりもりジャーナル

日本共産党国政相談室長の 森つねと です。 私は「しんぶん赤旗」の記者として全道を駆け回り、懸命に生きる道民のみなさんの声を聞いてきました。 その頑張りを踏みにじる政治に、悔しさと怒りが込み上げます。 私、森つねとは、あなたの願いをまっすぐ国政に届けるために全力を尽くします。戦争する国づくりを許さない!泊原発を再稼働するな!

   

負けられない

すっかり日が沈むのが早くなりましたね

昨晩も道庁前の反原発抗議行動に参加しました。




14回目の行動です
子どもからお年寄りまで大勢の人たちが、心ひとつに「再稼動反対」と何度も何度もコールしました。

豊平区在住という29歳の女性はマイクを握り、
「北電は夏の『計画停電』の総括をすべき。発電量と消費量の見通しに誤りがあったのでは」
とズバリ(←まったくその通りですよね

「冬場は、夏場に消費電力のピークを迎える本州から電力を融通してもらえばいい」
との提案もされていました。

冬場でも電気は足りる。

このことを、どんどん広めましょう


今回の抗議行動は、政府が青森県の大間原発の建設再開を容認したことに、
悔しさと怒りが渦巻いていました。

電源開発(Jパワー)が建設を進める大間原発は、函館市からわずか20㌔あまり。
世界で初めて、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を全炉心で使用する、危険極まりない原発です。

主催者の男性は、悔しさをにじませながら、こう訴えました。

「たたかう相手は巨大な国家権力だ」

国民の命を守るためには、原発利益共同体=原子力ムラの利益を優先する政治を、何としても変えなければならない-。そう強く思いました。




今回も、のろた博之さんが参加していました。
そして、衆院道5区候補の鈴木龍次さんの姿も

来週は、ステージの位置が道路を挟んで反対側になるそうです。
道庁と向き合う形になり、訴えにも力が入りますね。

負けられないたたかいは続きます。

なお、日本共産党は、2030年代なんて先延ばししないで、ただちに原発ゼロに向かう提言を発表しました。

拍手[6回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カウンター

プロフィール

HN:
森つねと
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/01/20
職業:
国政相談室長
自己紹介:
1978年 札幌市白石区生まれ
1990年 東川下小学校卒業
1993年 北都中学校卒業
1996年 北広島西高校卒業
2000年
北海道東海大学 国際文化学部卒業。白石区で共同学童保育所の指導員
2001年
日本共産党北海道委員会 青年学生部
2010年 「しんぶん赤旗」記者
2012年
衆院道小選挙区3区候補者
2013年
参院道選挙区候補者
2015年
道議選白石区選挙区候補者
2016年
参院道選挙区候補者

日本民主青年同盟道常任委員を歴任。原発問題全道連絡会理事
 
家族:妻、子(2歳)

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

最新コメント

ブログ内検索

バーコード

Copyright ©  -- もりもりジャーナル --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]
日本共産党 森つねと事務所 〒065-0012 札幌市東区北12条東2丁目3-2 TEL:011(750)6677 E-mail:jcphkd@jcphkdbl.gr.jp